独自転車メーカー「Canyon」による“未来の移動手段”

ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、公式サイトを通して同社が計画する「未来の移動手段」のコンセプトを発表した。

「アーヘン工科大学」と共同で設計したこの“新しい乗り物”は、ペダルを漕いで動く小型四輪車で、自転車と自動車のちょうど中間に位置するものになっているという。

© Canyon Bicycles/YouTube

公式サイトによると、この新たな乗り物の開発コンセプトには、増大する交通渋滞汚染問題の解決があるとのこと。電気バッテリーを搭載しているため排気ガスの排出量も少なく、また、自転車レーンを利用することで交通渋滞を回避することもできるという。

自転車レーンを利用するときは、モードを切り替えることで速度制限がかかる仕組み。ボディは極力軽量化が図られているが、過酷な気候にも耐えられるようになっているようだ。

自転車メーカーが作った乗り物には見えないが、あくまでもベースは電気自動車であるという。まだコンセプトの段階であるが、同社はこの乗り物の発売を目指している。

詳細は公式サイトで日本語でも展開されているので、詳しく知りたい方はこちらから目を通してみてほしい。

Top image: © Canyon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
日・米・独の3ヵ国から最新の自転車を3種類ピックアップ。
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。