アメリカ23州が「新燃費基準見直し」求めトランプ政権を提訴

5月27日、米国カリフォルニア州をはじめとした23州と5つの自治体が、自動車の新たな燃費基準を定めた「SAFE規則」を見直すよう連邦政府に訴えを起こした。併せて、トランプ政権が再実施した新しいモデルの車両に対する基準の中間評価の見直しも求めているようだ。

「SAFE規則」とは、乗用車と小型トラックから排出される温室効果ガスの基準を現在の規定よりも緩和するというもので、環境の汚染につながるとの指摘が相次いでいた。

連合は、同規則が大気汚染防止法、エネルギー政策保全法、行政手続法に違反しているとして提訴。

ミシガン州のダナ・ネッセル司法長官は「SAFE規則は、私たちがこれまで達成してきた進歩を危うくするものだ。これはアメリカ国民が負けるわけにはいかない戦いである」と語っている。

また、自動車業界においても「ゼネラルモーターズ」「トヨタ」などは同規則を支持する立場を表明したが、「フォード」「ホンダ」「フォルクスワーゲン」などはそれに加わらず意見が分かれている様子。

現在、アメリカではさまざま問題が起こっているが、気候変動に関するこの重大な問題にも注目していきたい。

Top image: © Zach Gibson - Pool/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...