アメリカ23州が「新燃費基準見直し」求めトランプ政権を提訴

5月27日、米国カリフォルニア州をはじめとした23州と5つの自治体が、自動車の新たな燃費基準を定めた「SAFE規則」を見直すよう連邦政府に訴えを起こした。併せて、トランプ政権が再実施した新しいモデルの車両に対する基準の中間評価の見直しも求めているようだ。

「SAFE規則」とは、乗用車と小型トラックから排出される温室効果ガスの基準を現在の規定よりも緩和するというもので、環境の汚染につながるとの指摘が相次いでいた。

連合は、同規則が大気汚染防止法、エネルギー政策保全法、行政手続法に違反しているとして提訴。

ミシガン州のダナ・ネッセル司法長官は「SAFE規則は、私たちがこれまで達成してきた進歩を危うくするものだ。これはアメリカ国民が負けるわけにはいかない戦いである」と語っている。

また、自動車業界においても「ゼネラルモーターズ」「トヨタ」などは同規則を支持する立場を表明したが、「フォード」「ホンダ」「フォルクスワーゲン」などはそれに加わらず意見が分かれている様子。

現在、アメリカではさまざま問題が起こっているが、気候変動に関するこの重大な問題にも注目していきたい。

Top image: © Zach Gibson - Pool/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
アメリカのオレゴン州を拠点とするスーパーマーケット「New Seasons Market」は、4月22日より、持続可能な未来の実現を目指し、店内でのペット...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
ドナルド・トランプ大統領のTwitterアカウントは、政権移行後、どうなる?
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、FIFA女子ワールドカップ2019で優勝したアメリカ代表の凱旋パレードに参加。その場で、アメリカサッカー界の男...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
2021年に50周年を迎える「ウォルト・ディズニー・ワールド」。そんな記念すべき年に、アメリカの旅行ウェブメディア会社「Upgraded Points(通...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
全世界で10万個以上を販売する、強度と防水性が自慢のトランプがリニューアル。新型「Air Deck 3.0」は、軽量&コンパクトにしてデザイン性も高い逸品。
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
アメリカで活躍するデザイナーJoe Doucet氏が制作したお遊び要素一切なしのトランプ。シンプルな佇まいで純粋にゲームに集中できそうです。本気でトランプ...
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。
新型コロナの影響でさまざまな業界が苦しむなか、アメリカではケチャップ不足が進行中。強すぎる愛が生んだ、アメリカのもう一つの危機。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
アメリカ・ネブラスカ州の気象局は、クルマのダッシュボードを使ったビスケット焼きを実演することで、たくさんの人に熱波の警告をした。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...