政権移行後、トランプのTwitterはどうなる?

いま、ある意味で世界中がドナルド・トランプ大統領のTwitterアカウントに注目している。そう、フェイクニュースだ。

なぜ誤解を招くコンテンツを発信しているのにもかかわらず、何も措置がとられないのだろうか?

Twitterの方針では、世界の指導者によるツイートがガイドラインに反していても、知る価値のあるものとして、違反とみなさないのだ。だから、トランプ大統領のツイートには警告をつけるのみ。

それだったら、政権移行後は……。

テクノロジー系メディア「The Verge」が、そんな疑問を解消するためにTwitterの担当者(名前は明らかにされていない)に取材をおこなったうえで、11月7日に記事を公開した。

要約すると、先に説明した方針はいまの世界の指導者に当てはまるものでしかないと回答。つまり、政権移行後、“トランプ元大統領”がフェイクニュースになり得るツイートをしたら、それが削除され、同じような行為を繰り返せば、アカウント凍結の可能性があるということだ。

いったい、どうなるのだろか?

Top image: © Malchev/Shutterstock.com, Anikei/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事