お土産のボトルを無事持ちかえる「過保護なワインバッグ」

日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。

まあ、1本や2本ならば(4本以上は関税申告が必要)洋服やタオルにくるんで旅行カバンの中でも構わないし、よほどのことがなければ、割れたり、液体がもれ出たりなんてことにはならないけれど…。でも、これにしたってスーツケース前提のはなし。

ここでは、あえて旅慣れたバックパッカーは置いといて、安心を買う人たちに向けてオススメしたいと思います。

赤ちゃんを抱くように
大切なワインをしっかりホールド

6539e540d6dbaa8576c1224c5247f851908290fa

「WineCradle」は、浮き輪のように空気を入れて膨らませ、ワイン(ビン入りならばなんでもOK)を衝撃から守るためのバッグです。ボトルを入れたらバッグの外側から空気を入れて膨らまし、面ファスナー(マジックテープ)で口を固定する。手順はこれだけ。

それをCradle(ゆりかご)なんて、いとおしく呼ぶあたりにも好感が持てます。

コンパクトにたたんで
何度でも使用できる

F583d8b5ac8ffa7e44e37a4849ef59b58a4c0efa

実際、ワインボトルを保護するバッグは類似品もたくさんあるんだけれど、じゃあ美術館に展示されるような高いデザイン性が本当にいるのか、1回使ったらおしまいの簡便なものでいいのか、と思うわけですよ。

最初にも触れたとおり、用途は手持ちのためのバッグではなく、あくまでカバンの中。ならばコンパクトにたためて、何度でも使えることの方を優先したいな。WineCradleの価格は1つ1,980円。Amazonでも取り扱いがある商品です。

Ed077f741f458dead82ca09c5ace124d143f4dd1

パッケージもなかなか良くて、なんならこのまま誰かにプレゼントしたっていいかもね。

ちなみに、一般的なワインボトル(750ml)から、マグナムボトル(1,000ml)までをしっかりガード。グラスといっしょにマグカップを入れたりもできるそうだから、タウンユースにもアウトドアにも応用できそう。

Licensed material used with permission by Heveas ApS
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...