韓国旅行のお土産にどう?『inkLab』で作るオリジナルのインク

1960年代、ボールペンを新しい筆記用具として韓国で売り出し、大ヒットさせたmonami。韓国でこの名を知らない人はいないくらい、同国最大の文具メーカーです。

昨年、自分だけのインク(ボールペン用)を作るコンセプトストア『inkLab』を本社1階にオープンしました。今までもオリジナルのボールペンを作れるストアはありましたが、インクの調合を専門として扱うのはmonami初の試み。

どんな色をつくりたいか決まったら、スタッフと相談しながら必要な色のインクをピックして少しずつ調合していきます。できあがったらカラーネームをつけて完成!

普段は文具に興味がなくても、旅先の記念としてなら作ってみたくなりませんか?店内も、実験室みたいでワクワクします。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
韓国発のジェンダーニュートラルメイクアップブランド「LAKA」が上陸。韓国では発売からわずか1年で人気が急速に高まっており、2019年9月に発売した「ジャ...
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
ハンガリー政府は、出生率の低下が深刻化したことを受け、不妊治療を無償化していく方針を発表した。
世界初のクラフトコーラ専門店・専門メーカー「伊良コーラ(いよしコーラ)」の総本店が、2月28日(金)、東京・下落合にある工房の隣にオープン。
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。