今は韓国・大邸がおもしろい!②
辛くないホクホク屋台メシ

韓国の大邱(テグ)はコーヒーの街。それだけじゃありません。一番大きな夜市「西門市場」も見逃せません。キーワードは“辛くない”です。

オススメの屋台メシを現地で使える「指差し本形式」で紹介。難易度が高い市場でのオーダーに役立つはず。なんせ市場はすべてハングル表記だし、英語が通じないこともしばしばですから。

ちなみに「これをください」は이거 주세요(イゴチュセヨ)です!

 

©2018 YUKI HOSHI

韓国の屋台フードの定番といえばおでん。発音はそのまま日本と同じですね。違うのは、野菜が入った練り物だけなこと。大根やたまごなど、日本では人気のおでん種が不在なんです。

いただき方は、その場で好きなものを取って食べるスタイル。食べた分の串を渡して精算してもらいます。

韓国らしくチーズ入りなんかもあってバラエティが豊富。

味付けも辛味によってなくて、日本のそれに近い。だけど、ちょっと違うんですよね。カラシの代わりにヤンニョンをちょっとつけて食べるところとか。ホクホク美味しいです!

©2018 YUKI HOSHI

街中を歩いていると、写真のように紙コップにシアッホットクを入れて食べている人をよく見かけます。

これはホットクの中に黒蜜やナッツ、春雨を炒めたチャプチェなどが入ったオヤツ。私が西門市場で買ったものには、黒蜜とひまわりの種、ナッツがぎっしり入っていました。たっぷりの油で揚げ焼きしたシアッホットクは、アツアツでもっちり。

ノリとしては、コンビニの中華まんでしょうか。ちょっと小腹が空いた時に、歩きながら食べる屋台のシアホットクは、ちょっとした幸せを感じます♡

韓国の屋台ではホルモン焼きもよく見かけます。とくに大邸で名物とされているのは、マクチャンと呼ばれる部位。日本でいうところのギアラですね(屋台によっては豚の場合もあります)。

カリカリに焼いて、油を落としたマクチャンは、見た目には辛そうですが、これまた全然違う!味付けは味噌ダレなんです。単品でもいいんですが、ここはぜひビールやマッコリと一緒に。

©2018 YUKI HOSHI

ナプチャクマンドゥこと「ぺったんこ餃子」は、大邸の屋台メニューでもっともポピュラーなもの。訪れたら、これは食べないと!

中身はお肉……ではなく、薄味のタンミョンとニラなどの野菜。醤油ベースのタレと白髪葱と一緒にいただきます。皮がメインなので、餃子というよりもワンタンに近いです(笑)。アツアツのうちに、これまたビールと一緒に食べるのがベスト!

©2018 YUKI HOSHI

実は大邸は韓国内で個人あたりの小麦粉と麺の消費量がもっとも多いという街。日本でいうと香川県のイメージ?名物は韓国版のうどん、ヌルングクスです。

屋台では一杯300円〜400円と安く、カラダを内側からホクホクにしてくれる一杯。濃いめの煮干し出汁で、麺は讃岐というよりもきしめんに近いかな。

写真は西門市場で超人気店の「ミョンソンカルグクス(명신손칼국수)」のもの。すいとんも入っています。ココ、激プッシュです。

©2018 YUKI HOSHI

ヌルングクスやトッポギは、屋台メシといっても写真のように暖房の効いた室内でゆっくり食べることができますよ。

©2018 YUKI HOSHI

クックァパンは、菊の花の形をした小さなおやき。薄皮生地の中に、あんこやカスタードがぎっしり。
焼きたては表面がさくさくで、あたたかい餡が口いっぱいに広がります。お値段はだいたい10個入りで100円〜200円。この安さも魅力ですね。

あんこの甘さが控えめでさっぱりしているので、ぺろっと完食できますよ。

©2018 YUKI HOSHI

餅きんちゃくみたいですが、「ユブジュモニ」の中身はタンミョンとみじん切りされた野菜です。魚や野菜のだしでおでんのように煮ているので、かぶりつくとジュワワワ〜っと口の中でやさしい旨味が溢れます。

お肉が使われていないので、ベジタリアンにも人気の屋台メシなのだそう。実物は結構ボリューミーで、おにぎりくらいのサイズはありますが、軽くてヘルシー。食べ歩きの終盤でも完食できると思いますよ。

この通りを抜けた頃には
「韓国の屋台メシ≠辛い」になる

©2018 YUKI HOSHI

私はハングルが読めず、店員さんも英語が話せないので、「ひとり?」「何食べるの?」と聞かれてもちんぷんかんぷん……。隣の人が食べている料理を指差して、「ひとつ!」とジェスチャーして何とかわかってもらいました。

訪れた際は、この記事を使って注文してみてくださいね。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
3月25日に、生物・物理・地球科学の研究を学際的に掲載する『iSicence』にてブラジルの「リオグランデドノルテ連邦大学」に所属する脳科学者たちが「タコ...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
僕の視点で見た彼らの人柄や、バンドの相互関係にも触れているので、これから韓国のシーンを追いかけたい人はもちろん、これまで韓国のインディーを追ってきた人にも...
パクチー普及のために2007年からパクチーの種を配布しているパクチー銀行が、今年も​「パクチー育てる」89日間 国民運動を開催。5月13日〜8月9日まで。...
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
世界から脚光を浴びる韓国の7人組男性ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」が、先月から韓国語学習コンテンツ「Learn! KOREAN with B...
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
衝撃だった。初来日を果たした韓国のバンド、パラソルのライヴを見て、僕は震えていた。
タバスコ®ブランドから7年ぶりの新作。シリーズ一辛い「スコーピオンソース」
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。