今は韓国・大邸がおもしろい!②
辛くないホクホク屋台メシ

韓国の大邱(テグ)はコーヒーの街。それだけじゃありません。一番大きな夜市「西門市場」も見逃せません。キーワードは“辛くない”です。

オススメの屋台メシを現地で使える「指差し本形式」で紹介。難易度が高い市場でのオーダーに役立つはず。なんせ市場はすべてハングル表記だし、英語が通じないこともしばしばですから。

ちなみに「これをください」は이거 주세요(イゴチュセヨ)です!

 

©2018 YUKI HOSHI

韓国の屋台フードの定番といえばおでん。発音はそのまま日本と同じですね。違うのは、野菜が入った練り物だけなこと。大根やたまごなど、日本では人気のおでん種が不在なんです。

いただき方は、その場で好きなものを取って食べるスタイル。食べた分の串を渡して精算してもらいます。

韓国らしくチーズ入りなんかもあってバラエティが豊富。

味付けも辛味によってなくて、日本のそれに近い。だけど、ちょっと違うんですよね。カラシの代わりにヤンニョンをちょっとつけて食べるところとか。ホクホク美味しいです!

©2018 YUKI HOSHI

街中を歩いていると、写真のように紙コップにシアッホットクを入れて食べている人をよく見かけます。

これはホットクの中に黒蜜やナッツ、春雨を炒めたチャプチェなどが入ったオヤツ。私が西門市場で買ったものには、黒蜜とひまわりの種、ナッツがぎっしり入っていました。たっぷりの油で揚げ焼きしたシアッホットクは、アツアツでもっちり。

ノリとしては、コンビニの中華まんでしょうか。ちょっと小腹が空いた時に、歩きながら食べる屋台のシアホットクは、ちょっとした幸せを感じます♡

韓国の屋台ではホルモン焼きもよく見かけます。とくに大邸で名物とされているのは、マクチャンと呼ばれる部位。日本でいうところのギアラですね(屋台によっては豚の場合もあります)。

カリカリに焼いて、油を落としたマクチャンは、見た目には辛そうですが、これまた全然違う!味付けは味噌ダレなんです。単品でもいいんですが、ここはぜひビールやマッコリと一緒に。

©2018 YUKI HOSHI

ナプチャクマンドゥこと「ぺったんこ餃子」は、大邸の屋台メニューでもっともポピュラーなもの。訪れたら、これは食べないと!

中身はお肉……ではなく、薄味のタンミョンとニラなどの野菜。醤油ベースのタレと白髪葱と一緒にいただきます。皮がメインなので、餃子というよりもワンタンに近いです(笑)。アツアツのうちに、これまたビールと一緒に食べるのがベスト!

©2018 YUKI HOSHI

実は大邸は韓国内で個人あたりの小麦粉と麺の消費量がもっとも多いという街。日本でいうと香川県のイメージ?名物は韓国版のうどん、ヌルングクスです。

屋台では一杯300円〜400円と安く、カラダを内側からホクホクにしてくれる一杯。濃いめの煮干し出汁で、麺は讃岐というよりもきしめんに近いかな。

写真は西門市場で超人気店の「ミョンソンカルグクス(명신손칼국수)」のもの。すいとんも入っています。ココ、激プッシュです。

©2018 YUKI HOSHI

ヌルングクスやトッポギは、屋台メシといっても写真のように暖房の効いた室内でゆっくり食べることができますよ。

©2018 YUKI HOSHI

クックァパンは、菊の花の形をした小さなおやき。薄皮生地の中に、あんこやカスタードがぎっしり。
焼きたては表面がさくさくで、あたたかい餡が口いっぱいに広がります。お値段はだいたい10個入りで100円〜200円。この安さも魅力ですね。

あんこの甘さが控えめでさっぱりしているので、ぺろっと完食できますよ。

©2018 YUKI HOSHI

餅きんちゃくみたいですが、「ユブジュモニ」の中身はタンミョンとみじん切りされた野菜です。魚や野菜のだしでおでんのように煮ているので、かぶりつくとジュワワワ〜っと口の中でやさしい旨味が溢れます。

お肉が使われていないので、ベジタリアンにも人気の屋台メシなのだそう。実物は結構ボリューミーで、おにぎりくらいのサイズはありますが、軽くてヘルシー。食べ歩きの終盤でも完食できると思いますよ。

この通りを抜けた頃には
「韓国の屋台メシ≠辛い」になる

©2018 YUKI HOSHI

私はハングルが読めず、店員さんも英語が話せないので、「ひとり?」「何食べるの?」と聞かれてもちんぷんかんぷん……。隣の人が食べている料理を指差して、「ひとつ!」とジェスチャーして何とかわかってもらいました。

訪れた際は、この記事を使って注文してみてくださいね。

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
辛党のみなさんはご存知でしょうが、ここ4年間、名実ともに最も辛い唐辛子として王座に君臨していたのは「Carolina Reaper」という種類。もちろん、...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。