パリで「本物のパン屋」を見分けるための豆知識(外観編)

日本ではフランスパンと呼ばれて親しまれているバゲット。これは、私が暮らしているパリでも、もちろん日常的に食べられているもの。だからフランスには街のあちこちにパン屋があります。中を覗いてみると、バゲットやらクロワッサンが積み上げられていて、パンの焼ける良い香りが漂ってきます。

旅行中、そんな香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

そのお店、「本物のパン屋」ですか?

C93b5226cacae5cf72532200ab60668ef9a965dd

実は、解凍したパンが並んでいる、なんてことがあるかもしれないのです。さらに、クロワッサンやパン・オ・ショコラのような、ヴィエノワズリーと呼ばれるいわゆる菓子パンに分類されるものに関しては、売られているものの25%から50%が冷凍モノ、という調査結果も…。

ここで、少し複雑なフランスの「パン屋事情」について紹介しましょう。

フランスでは勝手に「パン屋」を名乗ってはいけません。97年以降、パン屋という意味の「ブランジュリー(Boulangerie、Boulanger)」という看板を掲げるためには、パンをイチから作っていなければならない、という法律が存在しています。まあ、当たり前といえば当たり前ですが。

そもそもイチから作る、とはどういうことなのでしょうか。具体的には、

①生地の捏ね
②発酵
③成形
④焼き

の4つの工程を指します。これらをすべて自分のお店の中でおこなったうえ、それを店頭に並べているところだけが「ブランジュリー」と名乗ることができる、というわけです。

ちなみに、一つ豆知識を。

フランス発のパン屋で日本でも有名な「Paul」ですが、フランスの店舗の看板には「Boulangerie」とは書かれていません(日本の店舗には書かれています)。すでに成形されたものが工場から各店舗に送られ、店舗では焼くだけ、という仕組みだからです。他にも、冷凍で届いたものを自分のお店で成形から焼きまでをする、という場合もありますが、いずれも「Boulangerie」と名乗ることはできません。

いつの日か、フランスで立ち寄ろうとするそのお店が「本物のパン屋」かどうか。入る前に看板を見て、「Boulangerie」の表記の有無を確かめてみてください。

 

※明日は「店内編」をお届けします!

Reference:Libération
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
独断と偏見でピックアップしました。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...