しゃがまないとモノが買えないブルガリアのキオスク

ブルガリアの首都ソフィア。その街中に多くみられるキオスク。新聞やタバコ、アルコール、スナックなどを提供するのは日本と一緒だ。でもよく見ると、キャッシャーは地面の高さしかない。

ちなみにお客さんたちが、膝をつくような姿勢で商品を買うことから、klek(ニー:「膝」の意)ショップと呼ばれるらしい。商売の基本は低姿勢かもしれないが、いくらなんでも低すぎでしょ!

共産から民主化への
流れが生んだ「低さ」

ブルガリアは、共産主義からできるだけ早く脱却するために多くの人々が事業をはじめたのだが、家賃が高すぎたため店舗を借りることができなかった。そこで人々が注目したのが、比較的安い地下室。穴蔵のようなスペースを借り、地面と同じ高さの窓を通じて店を開くスタイルが定着したのだという。

以下、ずらりと並ぶ写真からその「低さ」を確認してみよう。

79a0965561b77d599bc3cb0f0230e5b7fe1de8871560e6a7700f7c17f0f731ed335ee99d341a01e6A25b53d6393dbc46d234cacaad63f5cb675d1ca3Ccfca1ace93fbd3cd03f61486592ea695e23037bDaac41c84a728491f51536377ed62947a42bd737B1e7ade1df29918eab6d5f8afe884c6fc8ba8677Ad05afd6a311e82d95173d3dcc65b09e582a3d4c73d161aaf770913a4a11af0eec18041b2b2c4df4

店から外を眺めると
こんな景色が

35a467e73944667a443c317d8c67868d7e2f23c4

ニーショップは、普段は中に入れない。

外観が撮られた写真が溢れる中、ニーショップ内から外の様子をとらえたショットは貴重なもの。それにしても、この高さに一番適しているのは、じつは子どもたちなんじゃないだろうか。身長が高ければ高いほど、買いにくそうな気がしてならないんだよなぁ。

Licensed material used with permission by Leo Sograph
次の誰かへのバトンを保管してくれるブックシェルフは、「ストリートライブラリー」として、最近ブルガリア・ヴァルナにオープンした。黒海沿岸の街であることから、...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...