ラオスの珍スポット「ブッダ・パーク」は、クセが強すぎた。

ちょっと前にシンガポールの珍スポット『Haw Par Villa』を紹介したのだけれど、思った以上に好評で、ちょっと驚きました。みなさん、こういうシュールで気持ち悪い場所も、意外とお好きなんですね?

流行語に「インスタ映え」がランクインしているなかで、かわいくもオシャレでもない、ひたすらに不気味な公園を今回も紹介していきましょう!

第2弾は、ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』です。Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua Sulilatによってつくられたのだそう。

どんな理由かはわからないけれど、とにかく見ていきましょう。まずはこちらをドン。

Timoさん(@jonsico)がシェアした投稿 -

ここが一番のフォトスポットである『パンプキンブッダパークタワー』。舌の上に立って、ポーズを決めるのがお決まりです。口から中に入ると、片腕や足がもげたままの状態で並んでいる彫像がお出迎えしてくれます。

個人的には、インディ・ジョーンズをぼんやり思い出しました。規模は何倍も小さいけれど、赤土の砂ぼこりや、彫像に蜘蛛の巣が張っている様子が。

続いて、ドドン。

もとは白かったのか、それとも黒かったのか……。わからないけれど、雨ざらしにされたままで禿げていったであろう色の様子が、不気味さに拍車をかけていますよね。

『ブッダパーク』はこのように、ヒンズー教と仏教の彫像(すべて鉄筋コンクリート製)が、約200体以上もひたすらに並べられている場所です。それ以上の施設は特にありませんし、見ての通り彫像のお手入れも随分放置されています。

観光名所と言えど、「もう自由に見て触って、勝手に楽しんでね〜」という、あまりやる気のないスタイルが、なんともラオスらしいところなのです。

公園内は仏だけでなく、擬人化された動物、神・悪魔の彫像も。何を表しているかよくわからないけれど、とりあえず共通していることは、薄気味悪いということでしょうか。

人の顔ばかりこんなに見ることもないので、夢にも出てきそうです。私が行った時には、公園までのバスの乗客は4人ほどしかいなくて、園内もほとんど貸切状態でした。ひとりで行っても、黙ってこのシュールな像と対面するしかないので、一緒に笑いながら見て回れる友達と複数名で行くのがオススメ。

さらに言えば、東南アジア旅に慣れて、普通の観光地にもう興味がない人。または、町全体が世界遺産に登録されているルアンパバーンで、王道にラオスで遊んだ後に、ビエンチャンに来るのがベターだと思います。そのほうが、ラオス独特の“頑張りすぎない雰囲気”や、クセの強さを感じてもらえると思うから。

冬季休暇で東南アジア旅を予定している人は、ぜひ立ち寄ってみてください。

Licensed material used with permission by @solitarytravelz
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...