ラオスの珍スポット「ブッダ・パーク」は、クセが強すぎた。

ちょっと前にシンガポールの珍スポット『Haw Par Villa』を紹介したのだけれど、思った以上に好評で、ちょっと驚きました。みなさん、こういうシュールで気持ち悪い場所も、意外とお好きなんですね?

流行語に「インスタ映え」がランクインしているなかで、かわいくもオシャレでもない、ひたすらに不気味な公園を今回も紹介していきましょう!

第2弾は、ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』です。Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua Sulilatによってつくられたのだそう。

どんな理由かはわからないけれど、とにかく見ていきましょう。まずはこちらをドン。

ここが一番のフォトスポットである『パンプキンブッダパークタワー』。舌の上に立って、ポーズを決めるのがお決まりです。口から中に入ると、片腕や足がもげたままの状態で並んでいる彫像がお出迎えしてくれます。

個人的には、インディ・ジョーンズをぼんやり思い出しました。規模は何倍も小さいけれど、赤土の砂ぼこりや、彫像に蜘蛛の巣が張っている様子が。

続いて、ドドン。

もとは白かったのか、それとも黒かったのか……。わからないけれど、雨ざらしにされたままで禿げていったであろう色の様子が、不気味さに拍車をかけていますよね。

『ブッダパーク』はこのように、ヒンズー教と仏教の彫像(すべて鉄筋コンクリート製)が、約200体以上もひたすらに並べられている場所です。それ以上の施設は特にありませんし、見ての通り彫像のお手入れも随分放置されています。

観光名所と言えど、「もう自由に見て触って、勝手に楽しんでね〜」という、あまりやる気のないスタイルが、なんともラオスらしいところなのです。

公園内は仏だけでなく、擬人化された動物、神・悪魔の彫像も。何を表しているかよくわからないけれど、とりあえず共通していることは、薄気味悪いということでしょうか。

人の顔ばかりこんなに見ることもないので、夢にも出てきそうです。私が行った時には、公園までのバスの乗客は4人ほどしかいなくて、園内もほとんど貸切状態でした。ひとりで行っても、黙ってこのシュールな像と対面するしかないので、一緒に笑いながら見て回れる友達と複数名で行くのがオススメ。

さらに言えば、東南アジア旅に慣れて、普通の観光地にもう興味がない人。または、町全体が世界遺産に登録されているルアンパバーンで、王道にラオスで遊んだ後に、ビエンチャンに来るのがベターだと思います。そのほうが、ラオス独特の“頑張りすぎない雰囲気”や、クセの強さを感じてもらえると思うから。

冬季休暇で東南アジア旅を予定している人は、ぜひ立ち寄ってみてください。

Licensed material used with permission by @solitarytravelz
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...