不気味すぎる公園「Haw Par Villa」は、シンガポールの隠れた名所

世界30ヶ国以上を旅してきたけれど、こんなにも忘れられない公園には出会ったことがなかった。不気味だけど、どこかチャーミングで憎めない像の数々……。文化も歴史もごちゃ混ぜにされていて、それが独特な世界をつくっている。

シンガポールでは、マリーナベイサンズやマーライオンはもちろん、この超B級スポット「Haw Par Villa(ハウパーヴィラ)」にも足を運ぶべきだ。

始まりはタイガーバーム
大儲けした兄弟がつくってみた公園

タイガーバームを持っているこちらのふたり。主役とも言える立場なのに、綺麗な身なりとはとても言えない。ただし、この汚れ具合もご愛嬌。

軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園は、主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像と150以上のジオラマがあり、自由に撮影できるようになっている。

市内を通っている電車、MRTのハウパーヴィラ駅を降りて地上に出ると、すぐにこの入り口にたどり着く。無料で解放されているため、特にスタッフの姿もなく、ちらほらと物好きな観光客と出会うくらいだ。

タイガーバームの広告と共に中国文化の紹介も兼ねていたため、園内の像・ジオラマは、地獄・極楽の様子を表したものや、『西遊記』や『山海経』に登場する神仙・妖怪など、中国の歴史を紹介したものが多い。なぜか突然日本の力士や自由の女神像など、関係のない像も現れるのだけれど、共通していることは全てがシュールすぎるということに尽きる。

Photo by Yuki Hoshi

おそらく、もっともよく写真を撮られているのはこの蟹男だろう。一体何を思って蟹の中に笑顔の男性を入れたのかはわからないけれど、彼に会って以来、シンガポールと聞くとこの顔が浮かんできてしまう……。

Photo by Yuki Hoshi

その近くでは、貝女も笑顔でお出迎えしてくれる。

Photo by Yuki Hoshi

人間に限りなく近い人魚(?)の姿も。

Photo by YUki Hoshi
Photo by Yuki Hoshi

自由の女神とも対面できる。

唯一の室内施設
「地獄巡り」へようこそ

東側に進んで行くと、門番が立っている入り口が現れる。ここは「地獄」を表した場所で、入ると人間や動物の様子がガラッと変わる。ここではお見せ出来ないけれど、不気味さとグロテスクの最高潮がこの中に詰まっているので、気になる人は自分の目で。

ここに紹介したのは、1,000以上あるうちのほんの一部(そしてある程度綺麗なもの)。思った以上に広い敷地は、隅々まで全部巡りたいなら2時間くらいはかかるのではないだろうか。

【施設情報】
Hua Par Villa(ハウ パー ヴィラ)
・住所:262 Pasir Panjang Road, Singapore 118628 
・時間:9時〜午後7時(最終入場:午後6時)
・料金:無料

ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua ...
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
なんかちょっと、変なんだけど。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
シンガポール在住メリッサさんのインスタアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はウェブサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第五弾はシンガポール編です。どういうわけか物憂げな表情が目立つミレニアルズの毎...