映えるってだけではない!カラフルすぎる「シンガポールの警察署」

面積は東京23区と同じほどしかないと言われる国土ながら、ユニークな形をしたホテルや一日中食べ歩きできるグルメなど、インスタ映えする写真をたくさん撮れるものが存在するシンガポール。

中でもおしゃれな街並みやレストランが立ち並ぶ川沿いのエリア、クラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、「The Old Hill Street Police Station(旧ヒル ストリート警察署)」があります。

白壁にレインボーカラーの窓が927あり、ひと際目立つ6階建ての建物。これ、現在は情報通信省の庁舎として利用されていますが、どうして名前に警察署が入っているかというと、以前は警察本部兼宿舎として使われていたからです。

夜は建物全体がライトアップされ昼とは違った雰囲気になり、いつ何時足を運んでも思わずカメラを構えたくなる外観です!

ここまで言うと、ただの流行りものとして捉えられてもおかしくありません。ですが、拷問が行われていた悲しい過去があると言われていたり、建設前はシアターや学校が建てられていた土地だったなど、シンガポールのこれまでを知るうえで重要なスポットのひとつ。ただインスタ映えというだけではない場所なんです。

まだの人は、訪れる価値アリですよ。

Top image: © iStock.com/dutourdumonde
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
なんかちょっと、変なんだけど。
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第五弾はシンガポール編です。どういうわけか物憂げな表情が目立つミレニアルズの毎...
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
シンガポール発着のクルーズ「It's The Ship」は、途中の目的地もなく公海を進み続けます。でもお気になさらず、だってこのクルーズの目的は、連日連夜...