プリンスエドワード島の美味しいお酒4選

プリンスエドワード島は、カナダで一番小さな州。にもかかわらず、ここでは国産じゃがいもの約30%が生産されています。実際、島を訪れた時に食べたフライドポテトは絶品でした。

こういったサイドディッシュがすすむがゆえにお酒がすすみ、いろいろな銘柄を試すことができたのは事実です。なかでも、島の良さがぎゅっと詰まった4種類のイチオシを紹介します!

食事にグッドマッチな
「フルーツビール」

©2018 TABI LABO

プリンスエドワード島では、ブルーベリーやラズベリー、ストロベリーなどのベリー系フルーツが有名です。フレッシュなものがそのまま市場でよく売られているのですが、ビールとの相性も抜群。

それを証明するのがこちらの「ブルーベリー・エール」。

果物の風味はしっかり主張されているものの、後味は爽やか。実が詰まっていて張りがあり、ほんのり甘い島のブルーベリーの良さが出ています。

そのまま飲んでもいいけれど、甘さがないからこそ食事にも合うんです。肉料理にもシーフードにもグッドマッチ!バーや酒屋など、どこにでもあるので、島を訪れる際は絶対に外せません。

島を代表する
「ムーンシャイン」

©2018 TABI LABO

ここプリンスエドワード島には、20世紀、カナダのどの地域よりも長く禁酒法が施行されていた歴史があります。その名残からか、ムーンシャイン(密造酒)が今でも作られているとかいないとか。

島のお土産屋さんでも、時々“ムーンシャイン”と謳うお酒を見つけることができます。販売されているものは正式な許可を得ているので、いわゆるという位置づけですが……。聞いたところによれば、旅行者に対していいブランディングになるんだとか。

中でも、Myriad View Distilleryが製造する「Straight Shine」は、島の“ムーンシャイン”と言えば?な一品です。もともと自分のためだけにお酒をつくり、嗜んでいたオーナーのPaulさんが、自慢のソレを多くの人とシェアしたいと思ったことがキッカケだったそう。

Straight Shineは、砂糖と糖蜜からつくられたスピリッツで、アルコール度数は50%。これが意外とイケるんです。口にした瞬間ピリッとして、その後はほんのり甘くて優しい口当たり。度数は高いものの、消毒液のようなきついアルコール臭はなく、比較的飲みやすい。ただ、繰り返しになりますが度数は50%。飲み過ぎにはくれぐれも注意です!

すべてファミリーメイドの
「メープルリキュール」

©2018 TABI LABO

カナダと言えばメープルシロップ。現地では液体として売られているだけじゃなく、バターやソーセージなどの食品にもミックスされています。もちろん、お酒にも。

そこでおすすめなのが、Deep Roots Distilleryの「Maple Liqueur」です。このリキュール、原料となるメープルは蒸溜所のオーナーMikeさんの息子が、プリンスエドワード島で採取しているもの。

Mikeさんによると、メープルシロップの本場ケベック州でもメープルリキュールは製造されていますが、すべてファミリーメイドのところは他に聞いたことがないそう。

飲むと、甘いシロップのとろみが口の中に広がるような感覚がして、幸せな気分になれます。牛乳とのコンビネーションも抜群!見た目はカルーアミルクに似たものになりますが、スッキリしていてずっと飲みやすい。これ、絶対女子ウケバツグンだと思うんですよね。

りんご農家がつくった本気の
「アップルリキュール」

©2018 TABI LABO

「Spiced Apple Liqueur」は、先にも紹介した蒸留所Deep Roots Distilleryでつくられているアップルリキュールです。

この蒸留所、実は元々リンゴ農家。200本のリンゴの木を植え、路上で手売りすることから始まり、事業が成長するにつれて農園をオープン。今では蒸留所を運営するまでになっています。

味わい深いテイストのため、別の飲料水と混ぜずそのまま飲むとリキュールそのものをより楽しむことができるでしょう。原料としてシナモンの記載はありませんが、なぜかアップルパイのような味が。食事後にデザート感覚で嗜むといいかもしれません。

このリキュール、先ほどのメープルリキュールとあわせてお土産屋さんでよく見かけることができます。小瓶サイズもあるから日本に持ち帰るにはちょうどいいですよ。

Top image: © 2018 TABI LABO
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をきいています!4回目とな...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
昨年4月に、突然この世を去ってしまったプリンス。あまりにも急なニュースに、言葉を失ったのもまだ記憶に新しいです。ディアンジェロ、アウトキャスト、日本では岡...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「プリンス、死す」、そのニュースは世界に衝撃を走らせました。あれから、まもなく2ヶ月。今なお多くのメディアで、彼の遺したメッセージは発信され、その影響力の...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
スコットランドの海に、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。ポツリと佇む真っ白な灯台が映える。そのふもとには、白で統一された小さな家。けれどこの島には、住ん...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。