「アナタにぴったり」が1分で見つかる、シンガポールの紅茶専門店

「teapasar」は、シンガポールに新しくオープンした紅茶専門店。と言っても、販売はオンラインのみ。

世界中から約300種類の紅茶を揃えています。面白いのは、すべての茶葉を自社でスキャンし、品質・生産方法・収穫時期などを細かく割り出していること。適切な価格設定が行われているか、品質の悪い茶葉が混ざっていないかなどを徹底的に調査し管理をすることで、顧客との信頼関係を守っているのです。

全種類の詳細データを管理しているので、簡単な質問に答えるだけでユーザーにぴったりな紅茶を見つけてくれます。実際にやってみましたが、質問項目はたった8問で1分もかかりませんでした!

自分の好みがわかるチャートが作成され、マッチ率が高い順に商品が表示されます。もちろんそのまま購入することも可能。買う買わないは別にしても、どんな茶葉を選べばいいのかすぐわかるようになりますよ♡

気になる人はこちらから。

Reference: 2018 teapasar
Top image: © iStock.com/kittystitch
他の記事を見る
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
なんかちょっと、変なんだけど。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第五弾はシンガポール編です。どういうわけか物憂げな表情が目立つミレニアルズの毎...