「パン屋だから」撮ることができる写真がある。

「パン屋なのに、パンの写真が少なくってごめんなさい」

埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」のInstagramには、こう書かれている。

バラの花、ラベンダー、金木犀、ゆず、りんご...。タロー屋では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、ここで注目したいのはパンではない。

明け方の写真が多い理由。

18:00に厨房に入り、翌朝の6:00までパンを焼くという昼夜逆転の生活を送る店主の星野太郎さん。酵母が活発になるベストのタイミングに合わせるため、約半日がかかりで焼き上げるパンもある。

やりがいはあるのですが、根つめて厨房にこもっていると、広いところで息を吸いたくなってしまって。

パンを焼き上げたあと、星野さんはカメラを抱えて厨房を出る。まだ日が昇りきらず、夜とも朝とも言えない時間。家の周りの畑や、景色を見渡せる広い丘で、その風景を写真に収める。そこに写っているのは、普段あまり目にすることのない「まだ夜の顔が残る景色」。

「写真は、自分にとって精神的な安定剤みたいなもの」と星野さんは話す。タロー屋のパンは、そんな写真があるからこそ生み出すことができる味なのだろう。

Licensed material used with permission by タロー屋(HP), (Instagram)
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...