旅行の“ちょい食い”が楽しくなる「トラベルグッズ」

トラベルギアブランド「TO&FRO」の展示会で気になったアイテムをいくつか紹介していこう。

6つ目は「PICNIC SHEET」。旅のお供に最適なコンパクトサイズのクッションシートだ。

©TO&FRO
©TO&FRO
©TO&FRO

アウトドアのシートは大きく広がるけれど持ち運ぶには軽くない。広げられるスペースも確保できない。

そんな悩みを解決する「PICNIC SHEET」。1〜2人掛けをイメージした必要最低限のサイズかつ、くるくる巻いてバンドで止められて、コンパクトに収納が可能だ。特殊シワ加工素材を使用した収納ポーチも当たり前に付属。

素材はスポーツやレジャーにも用いられるポリエチレンフォーム。衝撃吸収性、クッション性、断熱性、耐薬品性などに優れている。裏面に貼ったフィルムで水や汚れをブロックしてくれるから、地面が濡れていてもお尻が染みることもない。水洗いもOK。

©TO&FRO
©TO&FRO

旅先で見つけたフードやドリンク。これさえあれば、もっと美味しく、もっと楽しい時間になるはずだ。

価格は5200円(税別)。羽田空港や渋谷の直営店および公式オンラインショップで発売中。

Top image: © TO&FRO
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「ORGANIZER AIR」。“世界最軽量記録”を更新したオーガナイザーです。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「BLACK COLLECTION」。ビジネスパーソンのためのシックなコレクションだ。
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「TRAVELER'S COMPANY」がコラボレーションした「トラベラーズノート」です。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「HIP BAG」。こんなに薄いのに、ウェストポーチだ!
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「SHOES CASE」。超ストレッチ素材を使用したシューズケースだ。
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC BAG」。保温・保冷機能を搭載したピクニックバッグだ。
トラベルギアブランド「TO&FRO」から、オリジナルアイテム「コンフォータブルマスク」が新発売。
トラベルギアブランド「TO&FRO」が本日正午に新たに発売した「ADJUST COMFORTABLE MASK」。
サンフランシスコを拠点とするバッグブランド「Aer」とホテルブランド「ナインアワーズ」が異色のコラボレーション。シティトラベルに最適なキャリーバッグのコレ...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
トラベルギアブランド「TO&FRO」がマスクの販売を開始。