「1人と1匹」で走行距離のワールドレコードを更新中(アメリカ)

Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル(約8,000km)。その道のりに多くの困難が待ち構えているだろうことは、最初からわかっていた。とても達成できないと思った──そう、たったひとりでは。

犬とアメリカ横断!
電動自転車の走行距離で世界記録に

A2900e7d74d2242281e5ab419629b1ab2a13c039

そこでMikeは、一人のパートナーを選んだ。いや、正確には「一匹」のパートナー。それは6歳のメスのレスキュー犬、Bixbyだった。Mikeは電動自転車に、Bixbyは取り付けられたサイドカーに乗って、ふたりは世界記録への挑戦をはじめたのだった。

ふたりはたくさんの美しい景色を見て、素敵な人々に出会い、愉快な日々を過ごした。

道中、ふたりはいくつものアニマル・シェルターに立ち寄り、動物を引き取って里親になることの大切さを広げるための活動を行った。なぜならそこが、ふたりがはじめて出会った場所だから。

テキサス州オースティンのアニマル・シェルターで、Mikeはまだ子犬だったBixbyを引き取った。それ以来、ふたりはずっと苦楽をともにしてきた親友だ。

いつしか旅は31州にまたがり、走行距離は5,000マイルを超えていた。公式に記録された世界記録はもう突破したが、ふたりは念のため10,000マイル走っておくことにした。これなら誰も文句は言うまい。そしてさらに記録を伸ばすために、現在は20,000マイルを目指して旅を続けている。

9642b8f0e37da8a2eda78a3474caae665ca575759d5717abd1e7f6c4f6a2884f0b976bec28fa5e81Ee6c940b17bbd11177d2c82a6db0657bf50cbadd

気がついたら、旅の目的が変わってた

4d73df31063671febba58007b5336be4c118b386

最初は世界記録を破るための旅だった。だがその目標を達成したあとも、旅は続いている。気がついたら、ふたりでいろいろな場所を巡ることそのものが、旅の大切な目的に変わってしまったのだろう。

Licensed material used with permission by Wheres Bixby
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
もしも、目の前に首輪をつけた犬が一匹で歩いていたら…?普通は迷い犬だと思ってしまいますよね。しかし、米・ケンタッキー州に住むゴールデンレトリバー「デュー」...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
ピットストップ1.92秒。これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F...