「1人と1匹」で走行距離のワールドレコードを更新中(アメリカ)

Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル(約8,000km)。その道のりに多くの困難が待ち構えているだろうことは、最初からわかっていた。とても達成できないと思った──そう、たったひとりでは。

犬とアメリカ横断!
電動自転車の走行距離で世界記録に

そこでMikeは、一人のパートナーを選んだ。いや、正確には「一匹」のパートナー。それは6歳のメスのレスキュー犬、Bixbyだった。Mikeは電動自転車に、Bixbyは取り付けられたサイドカーに乗って、ふたりは世界記録への挑戦をはじめたのだった。

ふたりはたくさんの美しい景色を見て、素敵な人々に出会い、愉快な日々を過ごした。

道中、ふたりはいくつものアニマル・シェルターに立ち寄り、動物を引き取って里親になることの大切さを広げるための活動を行った。なぜならそこが、ふたりがはじめて出会った場所だから。

テキサス州オースティンのアニマル・シェルターで、Mikeはまだ子犬だったBixbyを引き取った。それ以来、ふたりはずっと苦楽をともにしてきた親友だ。

いつしか旅は31州にまたがり、走行距離は5,000マイルを超えていた。公式に記録された世界記録はもう突破したが、ふたりは念のため10,000マイル走っておくことにした。これなら誰も文句は言うまい。そしてさらに記録を伸ばすために、現在は20,000マイルを目指して旅を続けている。

気がついたら、旅の目的が変わってた

最初は世界記録を破るための旅だった。だがその目標を達成したあとも、旅は続いている。気がついたら、ふたりでいろいろな場所を巡ることそのものが、旅の大切な目的に変わってしまったのだろう。

Licensed material used with permission by Wheres Bixby
他の記事を見る
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
東京・杉並区の天然温泉特集です。ここは西荻窪や高円寺など、中央線沿いのサブカルタウンがあって、まち歩きが楽しいエリア。今回は、「なごみの湯」「高井戸天然温...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。