桜の木、35万本。アメリカの新たな「花見スポット」がメイコンだ。

桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今では「全米桜祭り」の開催地になるほど、アメリカ屈指の花見スポットと認知されています。

しかし、ジョージア州メイコンは、それをも上回る「桜シティ」。約90倍にあたる35万本以上の木が植えられており、春にはそれらが一斉に咲き誇るのだとか。

始まりは、1本の木。

実はこの街にこれほどの桜が広まったのは、「偶然」と「街の人の熱意」のおかげなんです。

メイコンで桜が発見されたのは1949年のこと。この地に住んでいたWilliamさんは、自分の家の裏庭に見たことのないピンク色の花が咲いているのを発見したそう。これはソメイヨシノだったのですが、当時のアメリカ南部ではとても珍しいものだったので、庭師も含めて誰ひとりこの花の名前を知りませんでした。

のちに出張で赴いたワシントンD.C.で花の正体を知ったWilliamさんは、桜を繁殖させ、コミュニティで自由にシェアできるようにしました。すると、多くの人がその美しさに魅せられ、桜で街を彩るプロジェクトがスタート。次第に数が増えていき、1982年からは「桜祭り」が開かれるようになりました。

お祭りは、街だけでなく人や動物もピンク色を纏っていて、とても華やかな印象。ツアーやライブ、ショー、パレード、屋台やグッズ販売もあり、かなり盛大に開催されている模様です。レジャーシートを広げ身内だけでお酒を飲む日本の花見とは大違いですね。

Licensed material used with permission by International Cherry Blossom Festival
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。
1月23日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。日本橋での開催は今年で3度目となる。これまでに増してわくわくするような...
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。