お酒持ち込みNGな花見場所にもってこいの「春ドリンク」

あっという間に季節は過ぎ、気づいたらもう春本番。
今週末、どこにお花見に行くか決めましたか?
場所取り担当の人、頑張れー。

そんなお花見に持っていきたいドリンクをシリーズで紹介する本企画。
vo.2は……ちょっぴり大人なノンアルです!


東京在住者ならわかると思うのですが、お花見のメッカ「新宿御苑」はアルコールの持ち込みが禁止ですよね。重いスーパー袋を提げて行ったのに、当日それを知って泣きをみたなんて経験がある方も多いのでは。毎年入り口付近でそんなグループを見かける気がします(笑)

vo.2では、そんなお酒持ち込み禁止の場所や、そもそもお酒が飲めずまったりとした花見がしたいという人にもってこいのドリンクをご紹介します!

(ちなみにvo.1「花入りリキュール」はこちら)

春に溶けてく
「さくら抹茶」

4908143872049152

どうでしょう、お抹茶です。しかも桜が香るのです。
これは、お湯のかわりにさくら煎茶で抹茶を立てた「さくら抹茶」。

きりっと広がるお茶の香りと、ふんわりやさしい桜の香りが相まって、とてもリラックスできそうですよね。
作り方は、

まず、お茶を淹れて

4641924082302976

お抹茶を立てたら

5912437819703296

完成!

6101662133387264

要は煎茶で抹茶を立てるというだけなので、とても簡単。もちろん、お茶の世界は奥が深いですが、正しい作法で抹茶を立てたいという本格派の人でなければ、ライトに試してみるのもアリかと。

このレシピを教えてくれたのは〈Needle to Leaf〉。季節限定の「さくら煎茶」と、抹茶「青仁乃白」を使っています!桜の塩漬けを上に乗せるのも粋ですよね。

6343258875625472

わいわいガヤガヤよりも
"まったりしっとり”

4723596106661888

まさに“花より団子”な、大人数でわいわい盛り上がるお花見ってとても楽しい。満開の桜をバックに熱唱する友人に声援を送ったり、乱入してきたパントマイマーに笑ったり。

けれど思い出してみると、去年の桜も一昨年の桜も、どんな風に咲いていたかあんまり思い出せなかったりする

だから、今年の春はゆっくり静かに落ち着いて、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付ける時間もつくりたい。その時には、もちろんアルコールもいいけれど、日本人らしく季節のお茶を片手に、春の情緒を味わいながらね。

最終回のvo.3では、なんだかんだ「寒さとの戦い」でもある花見において、強い味方となる一杯をご紹介します!

 

飲み物だけじゃ口が寂しいですか?それならこんなフードはいかかでしょう。
静かに眺める花見にもきっと合うはず。
お花見フードもチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Needle to Leaf
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
1月23日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。日本橋での開催は今年で3度目となる。これまでに増してわくわくするような...
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...