春らんまん!サクラ色の「手作りおやつ」

NY生まれの超極甘クッキーがあります。ブラック&ホワイトクッキーがそれ。ベースにショートブレッドを使用し、色は名前の通り、半分黒で、半分白。味はチョコとバニラです。

ときどき無性に食べたくなる、日本ではまず考えられない“ドン甘クッキー”なんですよね。

で、これにひとアレンジ加えたのが「Food52」でレシピを紹介しているMolly Yehさん。ラズベリーとヨーグルトで甘さ控えめのようですが、その色鮮やかなピンクは、桜シーズンの今にもってこい!お花見スイーツにもいかがですか?

お菓子にもサクラ気分🌸

6549920353878016
Photo by Molly Yeh

ブラック・アンド・ホワイト・クッキーの粋な妹分を紹介します。「ピンクヨーグルトクッキー」。

その丸い形とケーキっぽい食感がブラック・アンド・ホワイト・クッキーを彷彿とさせますが、生地に混ぜ込んであるヨーグルトが生み出すリッチさは、ピンクヨーグルトクッキーならでは(ちなみにブラック・アンド・ホワイト・クッキーでは、バターミルクが使われます)。

そしてフリーズドライ・ラズベリーの粉のおかげでピンク色におめかしするグレーズも、同じくヨーグルトベースです(使う材料までシャレてるでしょ?)。

ヨーグルトの酸っぱさあり、バニラの温かみあり、ラズベリーのフルーティーさあり、ほのかなアーモンドの香りあり。これらの材料がうまい具合に溶け込んでくれて、仕上がりはしっとりやわらか。見た目もウットリ!

5384640428769280
Photo by Molly Yeh

18枚分

<クッキーの材料>

中力粉:2カップ

コーシャーソルト:小さじ1

ベーキングパウダー:小さじ1

無塩バター:1/2カップ(室温に戻したもの)

砂糖:1カップ

卵(大):2個

バニラエッセンス:小さじ2

全乳ヨーグルト(プレーン):1/2カップ

<グレーズの材料>

フリーズドライ・ラズベリー:1/4カップ

砂糖:1と1/2カップ

全乳ヨーグルト(プレーン味):大さじ3

コーシャーソルト:ひとつまみ

アーモンドエッセンス:小さじ1/8

装飾用のレインボースプリンクルと、粉々にされたトーストピスタチオ(あるいはいずれか)

【1】
まずはクッキーから作っていきます。オーブンを185度に設定し、一番上と下にオーブン皿を置くラックをセット。オーブン皿には、ベーキングシート2枚にクッキングシートを1枚敷き、横に置いておきます。

【2】
中くらいのボウルに中力粉、塩、そしてベーキングパウダーを入れて混ぜます。今度は、スタンドミキサーにフラットビーターを取り付けて、中高速でバターと砂糖が軽くフワッとなるまで混ぜ合わせます(3分くらい)。

そうしたら卵を1つ割って混ぜ、続けてもうひとつ入れて、混ぜ終わったらバニラエッセンスを加えます。ヨーグルトとその他粉の材料を2、3回に分けて、完全に混ぜ合わさるまで混ぜ続けます。

【3】
5センチの丸になるよう生地をすくい出し、5センチほど間隔をあけながら、クッキーの生地をベーキングシートに落としていきます。底が茶色く焦げ始めるまで焼きましょう(18分経ったくらいからオーブンを覗き込みながらチェック)。

取り出したら、クッキングシートに乗せたまま5分ほど冷ましてからワイヤーラックに移して、完全に冷めるまで置いておきます。

【4】
次は、グレーズ作り。臼と杵を使って、ラズベリーが粉状になるまでつぶします(ラズベリーパウダーでもOK)。粉っぽくなってきたら、それを中くらいのボウルで砂糖、ヨーグルト、塩、アーモンドエッセンスと一緒にかき混ぜます。

ねっとりしすぎて伸びなそうであれば、ヨーグルトをうまく足しながら、なめらかにしていきます。出来上がったら、グレーズを丸いクッキーに塗り、スプリンクルや粉々にしたピスタチオをまぶしてできあがり。

Top Photo by Molly Yeh
Written bymolly yeh
Licensed material used with permission by Food52

ほかにもお花見に欠かせないおつまみやドリンクが満載の「お花見特集」はこちらから!

世界中に17万人ものフォロワーを抱える、大人気インスタグラマーVickie Liuさん。彼女のどんな投稿が多くの人を魅了しているかというと…それは以下を見...
ヨーグルトの材料とてもシンプル。牛乳とヨーグルト菌、それだけ。自動で温度調整をしてくれるヨーグルトメーカーもありますが、実は家庭にある道具だけで十分なんです。
普通のバターではありません。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
いろんなストーリーが浮かんできます。
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと、管理栄養士さん。低コストで毎日続...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
鉄やガラス、レザーやゴム製品にまで書くことができる〈サクラクレパス〉の「ソリッドマーカー」。固形化されたペンキをペンタイプにしたもので、工業用としても使用...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
フレッシュで安心して毎日食べられる自家製ヨーグルトメーカーが登場。クラウドファンディングに登場。圧倒的な支持を得て資金調達に成功しました。
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
バレンタインデーに手作りチョコは当たりまえ。今年は、こんな朝ごはんで彼にサプライズなんていかがでしょう?