FREITAGを「手作り」できるDIY好きのためのショップがオープン

「FREITAG(フライターグ)」の新しいショップでは素材や色、ディテールなど、新作ショッパーを自ら手作りできるようだ。

自分好みを選びたい──そんな顧客の要望に応じた「SWEAT-YOURSELF-SHOP」が、スイス・チューリッヒにオープン。

店頭には、様々な柄や色のトラックの幌が並び、まずはその選びからスタート。あとは、ショップ店員の付き添いのもと製造の途中までを行う。縫製など仕上げ作業の段階で、カバン職人とバトンタッチ。自分だけの新作「F718 BUH」は、完成まで約90分。料金は一点につきCHF250で、一度につき二点まで製造可能だ。

アップサイクルやリユースといった誕生の背景をもつFREITAG。プラスチックなどの「使い捨て」が見直されつつあるいま、このブランドを身につけることは単なるファッション以上の意味があるだろう。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
4月23日、「FREITAG」が「バーチャル工房」をオープン。チューリッヒのショップ「FREITAG Sweat-Yourself-Shop」とビデオチャ...
12月20日、京都に「FREITAGストア」がオープンする。場所は錦市場のすぐ近くである中京区。
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が振り返る過去の自分とは? トラックの幌を再利用することにした理由とは?
先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューから、僕が感動した言葉を紹介します。
ミリタリーテイストのDIYキット「ARSENAL TOOL」が登場。砲弾状のチタンメッキ加工を施した各パーツは、使い勝手はもちろん、男ゴコロをくすぐるデザ...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
何かを生み出したり、カスタムしたり、住まいをメンテナンスするその前に、揃えておきたい「便利グッズ」のご紹介!きっと、DIYが10倍はかどるはず。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が思い描く「2050年の未来」とは?
台湾の人気食雑貨セレクトショップ「神農生活」1号店が、大阪「あべのハルカス近鉄本店」に2020年秋オープン。バイヤーが台湾全土を回り“おいしさ”や“安心、...
スウェーデン発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff 」が、先週末11月14日(土)から、カフェレストラン「SNS CAFE TOKYO」をオ...
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
幸せとは? 日本人が幸せになるには? 世界中に幸せを振りまくことを仕事にするFREITAGのグローバルハピネス執行副社長アラン・ドランスフィルドさんに話を...