店舗が電話ボックス!?ロンドンにオープンした「サラダショップ」はひと味違う

電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。

週2日、時間限定

Ec09e3d92192731ed8c3426041c8d91f88a0abbf

ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルームズベリー・スクエア。ここに火曜日と水曜日、11:30から14:30までオープンしているのが「Spier’s Saladas」です。美味しくて価格は高くなく、量もしっかりしたものを提供するというポリシーに基づき、地元で採れる旬のオーガニック野菜を使ったサラダをメインに販売。

5種類のサラダと2つのメインディッシュは日ごとに変わり、サイトでも公開されています。例えば、クレソンとラディッシュ、サンドライトマト、にんじんにサンフラワーシードを入れたサラダに、ワインビネガードレッシングをかけたものや、アボカド、パスタ、そら豆、きゅうりにかぼちゃの種、コリアンダーを入れたもの。メインは、うるしの実をスパイスに使ったローストチキン、ベイクドサーモンなど。

72ad660565e715c529ffba288682f35995005e50

オーナーのBen Spierさんが家で作ったものをここまで運んできて、ボックスへ並べます。お値段は約540円から920円程度と、周囲のお店と変わりありません。店内(?)以外は…。

かつてのアイコンが「店舗」へ

しかしなぜ、電話ボックスでお店を…?

Mental Floss」によると、携帯電話の普及により、2002年にはイギリス全体で9万2,000あったものが、2014年には4万8,000に。そしてそのほとんどがもう使われていないのだそう。そこに目をつけたのが「RED KIOSK」。使われていないボックスをリノベーションし、希望者に店舗として貸し出しているんです。

もともと人通りが多く、目に付きやすい場所に設置されているため、コーヒースタンドやワッフルなど、軽食を売るのに使われているそう。

Spierさんは「美しいロンドンのアイコンとして使われていたものを完璧に再利用できるため、電話ボックスをお店として選んだ」と話しています。

Reference:Mental Fross
Licensed material used with permission by Spier’s Salads
「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用...
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。