電話ボックス型の「世界一せま〜いディスコ」が大人気!

ベルリンに、長蛇の列をつくっているお騒がせな“ハコ”があるとか。ただし、一度に入れるのはほんの数人だけ。え!一体どんなノリなの?

密室ダンスホールに突入!

その名も「teledisco(テレディスコ)」。レトロな見た目ですが、侮るべからず。

まずは選曲します。

コインを投入。1曲2ユーロ(約250円)。

中に入りましょう。ただ音楽が流れるだけだと思ったら大間違いです。

「4つのボタン」がポイント。

上から順に。

01.フォグボタン(霧)
02.ミラーボタン
03.ディスコボールボタン
04.ストロボボタン

これは楽しめそうな予感。フォグをポチ。

霧がブシュ〜!

スモークがモクモク!お次はディスコボールボタンとストロボでしょうか。

1㎡ディスコに様変わり。

誰が待ち望んだか、まさにワンルーム以下の世界最小ディスコ!しかも、

写真・動画まで撮れるのだ!

外に出るとプリクラと同じ要領で写真がプリントアウト。リンクが書かれており、動画がダウンロードできるそう。

ふたり組で入ろうものなら身動きが取れなくなってしまいそうな小さな空間ですが、すべてをシャットアウトした密室の中で自由を謳歌できます。動画を見ると、最大3~4人くらいが限界?いえいえ。一時パリに設置された際には、なんと9人ものゲストが入店したとか。

2016年1月のリリースによれば、計3台のテレディスコがあり、うち2台はベルリンの街中に。クラブを愛する若者たちを中心に愛されているようです。そのほか、1台は移動可能なもの。イベントで見かけたら、ぜひ入ってみたいですよね!

ウソでしょ!?
本体価格は4万円台。

なにより驚くのは、この本体価格。「Oddity Central」によれば、このテレボックスは1台350ユーロ(約4万3,000円)で購入できるそうです。注文ページはありませんが、気になった人は、ぜひwebサイトから問い合わせてみて!

Reference:Oddity Central
Licensed material used with permission by teledisko
他の記事を見る
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
バンコク発「Silent Brew Yoga」は、ビールヨガとサイレントディスコのミックス。参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。そしてビールをすすり...
「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
クリスマスの夜は、カップルで特別なディナーを…なんて過ごし方ももちろん素敵。でも、その裏側で大きな盛り上がりを見せている、あるホテルディスコイベントをご存...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...
電話がかかってきた。けれど周りの目が気になって、何だか会話しづらい…。別にいけない話をしているわけでもないのに、そんな風に感じてしまう。だったら、こんな解...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
バングル型のIoTデバイス『SoundMoovz』は、踊ることで音楽を演奏できる楽器。世界17カ国に40万台を出荷した大ヒット商品。逆輸入されるようにして...