究極の一期一会!スウェーデンの「誰か」とつながる電話番号

電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、スウェーデン政府が始めました。

誰につながるかわからない!

3362456e467ce6077153d6dcd781eda7b1005d15

これは1766年にスウェーデン政府が世界で初めて検閲を廃止したことを記念して、開始したもの。この+46 771 793 336の番号に電話をかけると、Swedish Tourist Associationに登録しているスウェーデン人のボランティアスタッフがランダムに出るんです。

彼らの職業は、薬剤師、エコフレンドリーな農家、プロのフォークダンサーなどさまざま。年齢もバラエティに富んでいます。政治、経済、恋愛、果てはスウェーデンミートボールまで!何を話してもOK。電話代のみがチャージされるのでご安心を。

555a5a6bbec0fb2ffac16ab4c5a2623f76f1a41334cdcdf101acf064053ff60fb419caa8fdead828

4月6日のサービス開始以来、約40,000件以上の電話を受信している模様。電話が多かった国はアメリカ、イギリス、トルコの順。ちなみにボランティアは、英語が話せます。

デジタル時代に電話というツールを使い、知らない人とコミニュケーションを取る。英語の腕試しにも、新しい経験にもぴったりなこのサービス。気になった人は、詳細をここからチェックしてみて!
Licensed material used with permission by Engström Jenny
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
白夜はもちろんのこと、日本とはまったく違う環境下で暮らす人々の生活ぶりがリアルに伝わってくる映像作品になっています。これが公式PR動画だと聞くと、つい驚い...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
会社やサークルの忘年会では、普通の飲み会とは違って一年の締めくくりとして大事な会となります。みんなが楽しめて素晴らしい会にできるように、幹事が注意すべき点...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
夢占いにおいて「電話やスマホ」は、コミュニケーションや人間関係を暗示するアイテム。例えば、こんな夢を見たことはありませんか?1.電話がかかってくる夢は、人...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...