マスクが必要な方必見!誰でも作れる「除菌キット」の設計図が無料公開中

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、アムステルダムを拠点にするデザイン会社「FROLIC studio」は、“誰でも入手できる素材から作れるマスク除菌キット”の設計図を公開中

医療用マスクの不足が深刻な問題となるなかで、UV-Cライトを利用して除菌をおこなうこのキットを使用すれば、マスクが損傷しない限り繰り返し使用できるようになるという。

設計に必要なのは、白い蓋つきボックス(同社は「IKEA」のKUGGISという製品を推奨)、UV-C電球とその配線、反射素材に工具類。いずれも近くの工具ショップで手に入るもので、費用は5000円〜7000円で作ることが可能だ。

また、オープンソースとして誰でも利用可能な設計図に合わせて、3Dプリンターを利用可能な人へ向けて3Dのデザインファイルも公開している。デザイン事務所ならではの社会貢献へのアプローチはさすがの一言だ。

同社いわく「このツールの製作は最終手段と考えて欲しい」とのことだが、どうしても必要な方は公式サイトから設計図をチェック。英語サイトだが、ブラウザ標準の翻訳機能で十分に理解できるものだ。

なお、同キットで使用するUV-Cライトは目に損傷を与える可能性があるので、取扱説明書をよく読んで、安全にご使用を。

© FROLIC studio/Vimeo
Top image: © FROLIC studio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

マスクケースのようにマスクをしまえば、即座に除菌してくれるマスク除菌器「maskirei」。マスクだけでなくデジタルガジェットなども除菌でき、さらに緊急時...
先行きの見えない新型コロナウイルスの脅威。これをどう受け入れながら日常を送っていくかが、今の時代を生きるボクたちのテーマ。そのなかでカバンの中身もちょっと...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
水道水で除菌液が生成できる!防疫に成功している台湾から日本上陸した大容量オゾン水生成器「WaterMagicianオゾンたま」が今月8日(火)より先行販売中。
リチウムイオンバッテリーを内蔵し、しまうだけで紫外線除菌をおこなってくれるマスクケース「PORTEMA(ポルテマ)」が「Makuake」に登場。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。