「FREITAG」の「オンラインDIY」が楽しそう!

2019年7月、「FREITAG」はスイス・チューリッヒにあるショップを「FREITAG Sweat-Yourself-Shop」としてリニューアルオープンした。ここでの最大の魅力は自分の手でショッパーを作れること。

去る4月23日、同ブランドはこれと似たような体験を得られる「バーチャル工房」をオープン。「FREITAG Sweat-Yourself-Shop」とビデオチャットをつなぐことで、世界中どこにいてもバッグ作りを楽しめるようになったのだ。

実際にDIYできるのは、紙の買い物袋に着想を得た「F52 MIAMI VICE」に外ポケットとキークリップが追加されたモデル「F718 BUH」。ビデオチャットを通して、ボディ、ハンドル、ポケットのカラーを選び、ポケットのカッティング位置までも決められる。

ちなみに「F718 BUH」は、チューリッヒで自作するしか手に入らないショッパーなので、これを日本からでも作れるというのはかなり貴重といえるだろう。

値段は2万4800円(税別)で、注文後約2〜3週間で自宅に配送されるとのこと。

利用したい方はFREITAGのWEBサイトから、まずはビデオチャットの予約を。当日はFaceTimeWhatsAppLINEのいずれかから連絡をすれば、あとはショップクルーがサポートをしてくれるそうだ。

詳細はコチラから。

©FREITAG
©FREITAG
©FREITAG
©FREITAG
©FREITAG
Top image: © FREITAG
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューから、僕が感動した言葉を紹介します。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が振り返る過去の自分とは? トラックの幌を再利用することにした理由とは?
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
12月20日、京都に「FREITAGストア」がオープンする。場所は錦市場のすぐ近くである中京区。
トラックのタープ(幌)で作られたFREITAGの「F52 MIAMI VICE」。よくある紙の買い物袋に着想を得た、定番モデルのショッピングバッグです。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が思い描く「2050年の未来」とは?
「FREITAG(フライターグ)」の新しいショップでは、新作ショッパーを自ら手作りできる。自分好みを選びたい——そんな顧客の要望に応じた「SWEAT-YO...
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
幸せとは? 日本人が幸せになるには? 世界中に幸せを振りまくことを仕事にするFREITAGのグローバルハピネス執行副社長アラン・ドランスフィルドさんに話を...
スイス発のバッグブランド「FREITAG」が、サイクリストに向けたキャンペーン「#ridewithfreitag」を開始した。10月31日まで最大で2週間...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...