「FREITAG」の「オンラインDIY」が楽しそう!

2019年7月、「FREITAG」はスイス・チューリッヒにあるショップを「FREITAG Sweat-Yourself-Shop」としてリニューアルオープンした。ここでの最大の魅力は自分の手でショッパーを作れること。

去る4月23日、同ブランドはこれと似たような体験を得られる「バーチャル工房」をオープン。「FREITAG Sweat-Yourself-Shop」とビデオチャットをつなぐことで、世界中どこにいてもバッグ作りを楽しめるようになったのだ。

実際にDIYできるのは、紙の買い物袋に着想を得た「F52 MIAMI VICE」に外ポケットとキークリップが追加されたモデル「F718 BUH」。ビデオチャットを通して、ボディ、ハンドル、ポケットのカラーを選び、ポケットのカッティング位置までも決められる。

ちなみに「F718 BUH」は、チューリッヒで自作するしか手に入らないショッパーなので、これを日本からでも作れるというのはかなり貴重といえるだろう。

値段は2万4800円(税別)で、注文後約2〜3週間で自宅に配送されるとのこと。

利用したい方はFREITAGのWEBサイトから、まずはビデオチャットの予約を。当日はFaceTimeWhatsAppLINEのいずれかから連絡をすれば、あとはショップクルーがサポートをしてくれるそうだ。

詳細はコチラから。

©FREITAG
©FREITAG
©FREITAG
©FREITAG
©FREITAG
Top image: © FREITAG
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューから、僕が感動した言葉を紹介します。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が振り返る過去の自分とは? トラックの幌を再利用することにした理由とは?
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
12月20日、京都に「FREITAGストア」がオープンする。場所は錦市場のすぐ近くである中京区。
スイス発のバッグブランド「FREITAG」が、サイクリストに向けたキャンペーン「#ridewithfreitag」を開始した。10月31日まで最大で2週間...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...