Tinderのようにバッグを交換できる「FREITAG」の新サービス

先日、「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payment)」をローンチした。

サービスを利用するには、まずは自分が所有しているFREITAGのバッグの写真を投稿。そうすることで、ほかの人が投稿したバッグの写真が閲覧できるようになり、Tinderのように気に入れば右に、気に入らなければ左にスワイプするだけ。もしマッチングが成立したら、オーナー同士で交換方法を話し合う仕組みとなっている。

FREITAGのバッグを購入するのは、宝探しに例えられることが多い。トラックの幌を再利用しているため、ひとつとして同じデザインのバッグが世の中に存在しないからだ。つまり「S.W.A.P.」を使えば、お金をかけずに2度目の宝探しを楽しめることになる。

ちなみに、バッグが使われないままだと、ブランドとして大切にしている“資源の有効活用”ができないとして、FREITAGは「S.W.A.P.」をローンチしたとのこと。プロダクトにもサービスにもブランドの在り方を貫き通す、じつにFRIETAGらしいアイデアといえるのではないだろうか。

©Fabian Hugo
Top image: © Fabian Hugo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューから、僕が感動した言葉を紹介します。
12月20日、京都に「FREITAGストア」がオープンする。場所は錦市場のすぐ近くである中京区。
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...