僕が感動した「FREITAGのCEO」の言葉

ここ1年ぐらい、トラベル用の大きめのバックパックを探している。機能やら素材やら価格やらいろんな検討材料があるなかで、どのブランドのどのバックパックがいいかずっと決めかねてた。

だけど、先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューを読んで、FREITAGのラインナップから選ぶことを決めた。流行とかじゃなくて、本当に自分たちのブランドやプロダクトのことを大事に考えて、自信を持って販売している。そんなブランドのスタイルがカッコイイと思ったから。

というわけで、この記事では僕が感動したオリバーの言葉を紹介させてください。

「おそらく、僕たちのバッグはおよそ1/5の値段でも作れる。だけど、地球を大切にしたいから絶対にやらないと決めている」

FREITAGのプロダクトの製作工程のほとんどはスイスでおこなっていて、裁縫の工程はヨーロッパ圏内でおこなっている。製造コストがかかって、バッグが高くなるのは想像に難くない。オリバーもそれは認めていて「コストを抑えたいなら、インドに(材料の幌を)輸送した方が安い」けれど、「輸送するのに、燃料を使うよね。それは地球温暖化や水質汚染につながる可能性がある」と語ってる。

コストよりも未来。

そこに共感したから、僕はFREITAGのバッグが高くても構わない。もちろん、お財布の許す限りだけど。

「この2週間で36のブランドが同じことをやっていることがわかったんだ。いわゆるパクリだね」
「まあ、全然気にならないね。市場を作ったのは、間違いなくFREITAGさ」

自分たちのプロダクトに絶対的な自信があるからこそ、FREITAGは模倣品を気にしていない。それどころかFREITAGと同じように「トラックの幌を使うようになっても構わない。地球に優しいことをするなら文句は言えない」とまでオリバーは断言している。

「彼らがやっているのはただのマーケティングだよ。ニーズがあるから、環境問題を気にするようになった。それは誠実じゃなくて、ただ波に乗っかっているだけ」

昨今、環境問題に取り組むファッションブランドが増えてきたことに対して。単なるディスじゃない。「環境問題に真摯に向き合って、社会を変えて欲しいと願っている」とも。

これをトップが言い切れるのは、FREITAGというブランドが本気で環境問題に向き合っているからだと思う。

「僕たちは本当に市場分析を信用していない」
「誰かに何かを聞いてプロダクトを作らないし、自分たちの作りたいプロダクトを作ると決めている」

意訳すると「FREITAGはトレンドに迎合したりしない」ってことだと僕は受け取った。これが売れてるから作ろう!とかそういうことじゃなくて、もっと先を見据えてる。そうじゃなかったら、使い古したトラックの幌を使ってバッグを作ろうなんて思わないんじゃないかな。

「失敗はいいこと。僕たちは失敗することをむしろ歓迎している。何も失敗したことがない人やブランドは学べる機会があるのかな?」

自分もそうありたい!

オマケ

僕がオリバーのインタビューに感動してこの記事を作ったのと同じように、取材に同行したカメラマンが感動して(勝手に)FREITAGのビデオを作った。ちょっと手ブレがあったりもするんだけど、なかなかいい出来なので公開!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
「FREITAG(フライターグ)」の新しいショップでは、新作ショッパーを自ら手作りできる。自分好みを選びたい——そんな顧客の要望に応じた「SWEAT-YO...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
自分の生き方や仕事のやり方に迷いを感じる時。ビジネスの世界で成功している人たちの言葉が、支えとなることも多いのではないでしょうか。ビジネス系メディア「En...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...