「FREITAG」の新作!ペットボトルのリサイクル素材も使った「スポーツバッグ」

1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。

同ブランドの製品には廃材となった「トラックの幌」が使用されていることは説明するまでもないが、今回はペットボトルのリサイクル素材も採用。ひとつのバッグに対して、500mlのペットボトルが12本分使われているとのこと。

その結果「F660 JIMMY」では、トラックの幌だけでは追求するのが難しかった柔軟性軽量性にもこだわることができたそうだ。

値段は3万4000円(税別)。少し高いと感じてしまうかもしれないが、製造背景フィロソフィー環境保護への配慮もこのブランドの大きな魅力。そういうところを全部ひっくるめて、購入を検討してみてはいかがだろうか。

©FREITAG
©Oliver Nanzig
Top image: © Oliver Nanzig
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が振り返る過去の自分とは? トラックの幌を再利用することにした理由とは?
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューから、僕が感動した言葉を紹介します。
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
「FREITAG(フライターグ)」の新しいショップでは、新作ショッパーを自ら手作りできる。自分好みを選びたい——そんな顧客の要望に応じた「SWEAT-YO...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
12月20日、京都に「FREITAGストア」がオープンする。場所は錦市場のすぐ近くである中京区。
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が思い描く「2050年の未来」とは?
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
幸せとは? 日本人が幸せになるには? 世界中に幸せを振りまくことを仕事にするFREITAGのグローバルハピネス執行副社長アラン・ドランスフィルドさんに話を...
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。
「CHROME」が、あらためて都市型バッグのあり方を追求し、新作コレクションとして「MAZER COLLECTION」を発表。9月6日より「CHROME ...
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。