「金属ゴミから新しいモノを作っていたのが原点」FREITAG創業者にインタビュー【過去編】

ブランドのアイデンティティを語れる人に、“彼の過去”と“僕たちの未来”を教えてもらう「MY PAST OUR FUTURE」。

第1回目のインタビュー相手は、スイスのバッグブランド「FREITAG」の創業者、マーカス・フライターグ。

アップサイクルのパイオニア
「FREITAG」

「FREITAG」といえば、1993年の創業当時からトラックの幌を再利用し、世界にひとつだけのバッグを製造しているアップサイクルのパイオニアだ。

日本でも知名度はどんどん上がっていて、2019年12月20日には国内4店舗目となる直営店を京都にオープンさせている。

そんな「FREITAG」を生み出したマーカスが振り返る過去の自分とは? トラックの幌を再利用することにした理由とは?

まずは動画から観てほしい。

──過去を振り返って、自分がどんな子どもだったと思いますか?

 

こだわりが強かったですね。言い方を変えれば、めんどうくさい子どもだったかもしれません(笑)。

 

──例えば、どんなことを?

 

子どもの頃は、まあ、今もなんだけど、環境汚染を少しでも食い止められないか?と考えていたから、(FREITAGのもうひとりの創業者である)弟のダニエルと一緒に両親を説得して、新しい車を買うのをやめさせたことがあるんです。だから、僕の家族は車を持っていませんでした。

ちなみに、最近ニュースを見ていて、グレタ・トゥーンベリと同じことをよく言っていたな〜と思っています(笑)。

 

──当時、ハマっていたことは?

 

たぶん、ゴミ集めですね。

僕の国、スイスでは月に1回、金属ゴミを道路に出すんだけど、それを拾っていました。で、家の作業場に持ち帰って、全く別の新しいモノを作っていたんです。

ダニエルは、ボタンを押すと口の中にキャンディを飛ばしてくれる“キャンディカタパルト”を作りたいと言っていた時期もありました。その時は、よくふたりで早起きをして、必要な素材を集めるために、ひたすら路上のゴミをチェックしていましたよ。

話していて改めて気づいたんですが、かなり変わったことをやっていましたね(笑)。

©2020 NEW STANDARD

──“キャンディカタパルト”は完成させられました?

 

あれ? どうなったんだっけ……。ごめん、覚えていないかも。

というのも、僕たちには似たようなアイデアがたくさんあったから、何が成功して失敗したのかはあまり記憶にないんだよね。

確実に覚えているのは、水曜日の夕方がとにかく楽しかったこと。午後、授業がなかったから作業場でアイデアを考えて、それをカタチにすることをずーっとやっていたんです。他の曜日は「早く授業が終わらないかな?」と思っていました。

 

──とはいえ、サボることはしなかったんですね。

 

ですね。

環境問題を気にかけるようになったのも授業を受けていたからだと思います。あまり想像はできないかもしれませんが、僕が15〜16歳の頃、スイスの環境汚染は深刻だったんですよ。

あと、家族もいい刺激を与えてくれました。環境意識が高かったから、車を持たない生活にも納得してくれたんでしょうね。

こうやって振り返ると、サステイナブルなライフスタイルを実践しようと思ったのは、学校と家庭環境にあったのかもしれません。

──子どもの頃のお話を聞いていて、今のFREITAGと同じようなことをやっているなと思いました。

 

ダニエルとゴミを集めて新しいモノを作っていたことは、FREITAGのあり方に通ずるものがありますね。

“ダニエルと一緒に”というのも、じつはポイントです。

僕がアイデアを思いつくきっかけは、いつも街で何か問題に直面した時なんです。どうやって解決したらいいのか?と考えていると、自然にやりたいことが思い浮かぶ。だけど、それと同じくらい、一緒に悩んで解決策を生み出してくれるパートナーが必要だとも思っています。

ひとりで何かをやるのは好きじゃない。チームで前に進むことが好きなんです。

 

──なるほど。

 

FREITAGのバッグが生まれたのも、そんな環境でした。

1993年、僕は空間デザイナー、ダニエルはグラフィックデザイナーで、防水バッグが欲しいなと思っていたんです。MacBookなんてなく、たくさん紙の書類を持ち歩いていたので。

便利な検索エンジンもなく、得られる情報が少なく、防水素材だけを取り寄せるということもできませんでした。

そんな問題に直面していた時に、住んでいた場所が高速道路の隣だったこともあり、たまたまトラックの幌が目に入ったんです。で、ダニエルと一緒に「あれでバッグを作ろう」ということになりました。

ゴミから新しいモノを作ったこと、街で問題を発見したこと、チームワークだったこと──。今も昔も、やっていることに変わりはありません。

©2020 NEW STANDARD

──逆に、変わったなと思うことは?

 

僕とダニエルの性格、FREITAGのあり方はそのままですが、今は人数が増えました。約200人が関わり、サプライヤーも含めれば、もっとたくさんの人が協力してくれています。

例えば、トラックの幌を見つける人がいたり、調達チームとやりとりをする担当がいたり、新規事業を開発するチームだってあります。僕とダニエルがふたりで始めた頃に比べたら、今のFREITAGは全く違う次元にいるし、かなり成長したんですよね。

これが一番大きく変わったことかもしれません。

──成長したFREITAGは、どんなブランドだと思っていますか?

 

まず、メッセージ性がある。僕たちがトラックの幌を使っているというのは、すでに欧米とアジアでは有名になっているので、アップサイクル製品としての認知度は高いと思っています。

耐久性もありますね。そのおかげで、消費者の方に長く使えると分かってもらえているし、いくつものバッグを持つことに対して、間接的に疑問を投げかけることもできています。

バッグは人間にも似ています。FREITAGが製造するアイテムに全く同じものはなく、人間関係と同じように、相性の合うバッグを見つけられれば、ずっと一緒に生活をすることができます。でも、古くなってしまったなと思うこともあるはずので、最近、「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payment)」という消費者同士のアイテム交換を促すプラットフォームをつくりました。

©2020 NEW STANDARD

──自分で聞いた質問なのですが、ここまで自信を持って、はっきりと答えてくれることを想定していませんでした。

 

今の話、過大評価も過小評価もしていないと思います。なんせ僕はFREITAGを一番知っている人間ですからね。

消費者の方は違うブランドを選ぶことだって、できるはず。それでも僕たちから購入してくれるのは、FREITAGが本気で資源や環境問題を気にかけているからだと思います。それがちゃんと伝わっているんですよ。

「環境のために何かしたいな。できることはないかな?」と考えた時に、僕たちが選択肢のひとつになっている。だから、FREITAGのバッグは、サステイナビリティを実現しようとしている人が持つマインドセットの象徴になっているとも言えるでしょう。

あと、FREITAGは他のブランドや業界の人々に環境を気にかけてもらえるように、いいインスピレーションを与えられていると思います。

マーカスが考える
「2050年の暮らし」とは?

未来編でフォーカスしているのは、マーカス、そして「FREITAG」が考える2050年の暮らしについて。きっと、彼らのアイデンティティをより深く理解できるはずだ。

「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が思い描く「2050年の未来」とは?
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
先日TABI LABOに掲載されたFREITAGのCEO、オリバー・ブルンシュウィラーのインタビューから、僕が感動した言葉を紹介します。
12月20日、京都に「FREITAGストア」がオープンする。場所は錦市場のすぐ近くである中京区。
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
「FREITAG(フライターグ)」の新しいショップでは、新作ショッパーを自ら手作りできる。自分好みを選びたい——そんな顧客の要望に応じた「SWEAT-YO...
ペプシコーラを販売する「ペプシコ」がバレンタインデーにちなみ“特別なエンゲージメントリング”をプレゼントするキャンペーンを開催中。台座には「クリスタル・ペ...
幸せとは? 日本人が幸せになるには? 世界中に幸せを振りまくことを仕事にするFREITAGのグローバルハピネス執行副社長アラン・ドランスフィルドさんに話を...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。
スマートベルトを開発する「WELT」から最新モデル「WELT PRO」が発表。さまざまな歩行パターンを分析して、転倒のリスクが高くなっている状態を知らせて...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
アーティストとしても活躍しながら、スタンドアップコメディアンを目指している小林快さんにインタビュー。スタンドアップコメディとの出会いやこれからやっていきた...