スコットランドで親しまれる「ホットウィスキー」片手にお花見へ出発。

あっという間に季節は過ぎ、気づいたらもう春本番。
週末のお花見はいかがでした?なんだかんだ寒かったですよね。
まだ桜が咲いているうちに、もう1回くらい見に行きたい!

お花見に持っていきたい飲み物を紹介する本企画の最終回は……寒さとの戦いで強い味方になる「ホットウィスキー」です。


「春の陽気」と言うくらいぽかぽかした天気を連想する春。
とはいっても、桜の季節ってなんだかんだ寒い。しかも花見となると、ビニールシートを一枚敷いた程度で半日くらい地べたに座り続けているわけだから、そりゃ寒いに決まってる。日差しは強い、でも日陰だと寒くて腰回りがツライ……
そんな寒さの苦手な人、こんなあったかドリンクはどうでしょう。簡単に作れちゃいます。

スコットランドの知恵
「ホットトディ」

さっそく作り方から。

〈材料〉
・お湯:200ml
・ウイスキー:60ml(お好みで調整を)
・ハチミツ:大さじ1
・レモン汁:適量
・(お好みで)レモンスライスとシナモンスティック

 

〈作り方〉
1.大きなマグカップにお湯を注ぐ。
2.ウィスキー、ハチミツ、レモンジュースを加えて混ぜ合わせる。
3.お好みで、レモンスライスとシナモンスティックをトッピング。

 

「ホットトディ」という名前は聞きなれないかと思いますが、作り方をみるといたってシンプル。味も想像しやすいですよね。以前、NHKの朝ドラにも登場していたので、知っている人も多いかも?

これは、風邪をひいてしまったときの民間療法としてスコットランドで昔から飲まれているホットドリンク。ウィスキーが入っていますが、火にかけてアルコールを飛ばすことで、子どもも飲んでいるようです。
ウィスキーのおかげで体がポカポカになるうえ、ハチミツとレモンが入っているので、「飲むのど飴」みたいですよね。シナモンの香りもきいていい感じ。水筒に入れて持参して、他の人にも振る舞えば喜ばれるかも。

この「寒さ」でさえ
春の思い出

お花見中どうしてもツライのが「寒さ」と「花粉」。花粉はアレルギーだから致し方ないとしても、寒さはどうにか工夫次第で対処したいですよね。こんなホットドリンクはもちろん、ブランケットや折りたたみ椅子などを持参したいところ。

でもふと思ったんです。
この寒さは、“2017年度”最後の寒さなんだなぁて。

もちろん年末年始ごろの攻撃的なソレに比べれば、全然大したことはない。もしも「寒さ」に人格があるとすれば、この春先のソレはきっと「最後のあがき」なんじゃないと。年度の終わりとともにソレも消えて、次に会えるのはだいぶ先。いまは疎ましく感じているけれど、2018年の夏になればみんな君を恋しくなってるはず。
そう考えると、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」。そんな風に思えば、少しは寒さが軽減されるかもしれません(笑)

 

お花見ドリンクvo.1と2はこちら

去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
“食べ歩きスタイル”花見の相棒は、シナモンロールが大正解!桜の葉とシナモンにはぺアリングとして◎な理由もあるし、桜の名所のそばには、おいしいベーカリーがけ...
桜の経済効果はたった2ヶ月で6517億円。ソメイヨシノの花言葉は「優美な女性」。花見をしている人は「桜人(さくらびと)」。食べ歩きで花見を楽しむ方法など、...
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。
NEXT輸入食品店として注目の「iHerb(アイハーブ)」から、ちょっと変わり種の「ホットドリンク」をご紹介します。寒い冬はお気に入り「ホットドリンク」で...
お花見自粛ムードのなかでの小さな楽しみに。「パパブブレ」から、このシーズン恒例の「桜ミックス」キャンディが今年も登場。 「桜ラテ」や夜の桜を新しい表現方法...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
1月23日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。日本橋での開催は今年で3度目となる。これまでに増してわくわくするような...
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
オープンデッキクルーザーで「シャンドン ロゼ」のフリーフローと目黒川の桜を楽しむ優雅な90分が過ごせる「目黒川お花見CHANDONクルーズ」が3月20日よ...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
五感で楽しむ花の体感型アート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」が「日本橋三井ホール」で開催。会場全体を「桜」で彩り、五感を刺激する多...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...