スコットランドで親しまれる「ホットウィスキー」片手にお花見へ出発。

あっという間に季節は過ぎ、気づいたらもう春本番。
週末のお花見はいかがでした?なんだかんだ寒かったですよね。
まだ桜が咲いているうちに、もう1回くらい見に行きたい!

お花見に持っていきたい飲み物を紹介する本企画の最終回は……寒さとの戦いで強い味方になる「ホットウィスキー」です。


「春の陽気」と言うくらいぽかぽかした天気を連想する春。
とはいっても、桜の季節ってなんだかんだ寒い。しかも花見となると、ビニールシートを一枚敷いた程度で半日くらい地べたに座り続けているわけだから、そりゃ寒いに決まってる。日差しは強い、でも日陰だと寒くて腰回りがツライ……
そんな寒さの苦手な人、こんなあったかドリンクはどうでしょう。簡単に作れちゃいます。

スコットランドの知恵
「ホットトディ」

4578505668952064

さっそく作り方から。

〈材料〉
・お湯:200ml
・ウイスキー:60ml(お好みで調整を)
・ハチミツ:大さじ1
・レモン汁:適量
・(お好みで)レモンスライスとシナモンスティック

 

〈作り方〉
1.大きなマグカップにお湯を注ぐ。
2.ウィスキー、ハチミツ、レモンジュースを加えて混ぜ合わせる。
3.お好みで、レモンスライスとシナモンスティックをトッピング。

 

「ホットトディ」という名前は聞きなれないかと思いますが、作り方をみるといたってシンプル。味も想像しやすいですよね。以前、NHKの朝ドラにも登場していたので、知っている人も多いかも?

これは、風邪をひいてしまったときの民間療法としてスコットランドで昔から飲まれているホットドリンク。ウィスキーが入っていますが、火にかけてアルコールを飛ばすことで、子どもも飲んでいるようです。
ウィスキーのおかげで体がポカポカになるうえ、ハチミツとレモンが入っているので、「飲むのど飴」みたいですよね。シナモンの香りもきいていい感じ。水筒に入れて持参して、他の人にも振る舞えば喜ばれるかも。

この「寒さ」でさえ
春の思い出

6651279166144512

お花見中どうしてもツライのが「寒さ」と「花粉」。花粉はアレルギーだから致し方ないとしても、寒さはどうにか工夫次第で対処したいですよね。こんなホットドリンクはもちろん、ブランケットや折りたたみ椅子などを持参したいところ。

でもふと思ったんです。
この寒さは、“2017年度”最後の寒さなんだなぁて。

もちろん年末年始ごろの攻撃的なソレに比べれば、全然大したことはない。もしも「寒さ」に人格があるとすれば、この春先のソレはきっと「最後のあがき」なんじゃないと。年度の終わりとともにソレも消えて、次に会えるのはだいぶ先。いまは疎ましく感じているけれど、2018年の夏になればみんな君を恋しくなってるはず。
そう考えると、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」。そんな風に思えば、少しは寒さが軽減されるかもしれません(笑)

 

お花見ドリンクvo.1と2はこちら

去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。
1月23日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。日本橋での開催は今年で3度目となる。これまでに増してわくわくするような...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。