『TIME』誌が「今年の子ども」の選出をスタート!初年度に選ばれたのは......?

過去92年間にわたって「今年の人」を発表してきた米老舗雑誌『TIME』が、2020年からは「今年の子ども」を発表するという。

世界にポジティブな影響を与えている若い世代を評価するこの賞の記念すべき第一号に選ばれたのは、15歳で科学者・発明家のギタンジャリ・ラオ氏だ。

アメリカ・コロラド州に住む彼女を有名にしたのは、米国・フリント市で起きた水道水の鉛汚染事件。当時、まだ11歳だったラオ氏は“誰でも簡単に水の鉛汚染を検知できる装置”を発明し「アメリカでもっとも優れた若き科学者」に選ばれることになった。

その後も、さまざまな社会問題に科学の力で取り組み、最近ではAI技術を使用してインターネット上のいじめを予防するアプリ「カインドリー」を開発。

あるインタビューで彼女は「誰かの役に立つことが好きなんです。お皿を洗ったり、病院でピアノを弾いたり、なんでもいいんです」と語っている。

© time/Instagram

昨年、「今年の人」に当時16歳だったグレタ・トゥーンベリ氏“史上最年少”として選出したことでも話題になったTIME誌。

編集部は「今日、若者は大きな影響力を持っており、彼ら、彼女らがその影響力を利用して自分のビジョンに合った世界を形成していることを明らかにしたい」と述べている。

Top image: © iStock.com/skynesher
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米老舗メディア『TIME』が、2020年を代表するエンターテイナーに、アジアだけでなく世界中で大きな人気を集める韓国男性アイドルグループ「BTS(防弾少年...
毎年恒例となっているニュース雑誌「TIME」が選出する「世界で最も影響力のある100人」。今年は9月22日の発表が予定されているが、現在、ウェブ上では一般...
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
病気や障害のある子どもや家族が、治療に前向きになれるグッズなどを取り扱う日本初のECショッピングモール「チャーミングケアモール」がプレオープン。本格的なス...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
今回は原宿にある「Allbirds」。アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したサステイナブルなスニーカーを履いてみました!
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。