地球の自転に変化?「一日の時間が減少」しているとの報告

「2020年を早く終わらせたかった」という願いは、人類共通であったことは間違いない。そして意外なことに、それは“地球”も同じだったようだ──。

地球の自転速度を監視している科学者たちは、2020年の地球の自転速度に加速の兆候がみられ、2019年よりも早く終わっていたことを報告した。

もっとも短い日は7月19日で、8万6400秒とされている1日の時間を1.4602ミリ秒早く終えていたという。それだけでなく、1960年から観測がされている1日の時間の最短記録を28回も更新するほどであったようだ。

じつは、地球の自転の速度は、地球のコア海洋大気の複雑な動きによって絶えず変動しているのだが、ここ数年の観測では地球の時点速度は鈍化しているとみられていた。

そこで生じてきたズレに対処するため、1972年から合計で約27回の“うるう秒”が加えられていたが、今年のような状況が続けば、“負のうるう秒”として時計から1秒ほど引く必要もあるとしている。

予測によれば2021年はここ数十年のなかで“もっとも短い1年”になるという。

地球も地上の異変を感じ取っているのだろうか......奇妙な巡り合わせである。

Top image: © iStock.com/Cimmerian
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
宇宙飛行士たちが撮り溜めた何千枚もの写真のなかから2020年のベスト20をセレクト。日の出や夜景などさまざまな写真が選ばれた。
コロナに梅雨に、地球でのストレスはつきない……。そんな「地球疲れ」を感じているあなたに、宇宙からの癒やし映像を紹介。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
無重力の宇宙空間での長期滞在に欠かせない筋肉維持のためのエクササイズは、1日2.5時間×週6回。ハーネスや圧力を使った筋トレ機材で、地球とはひと味違う。
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...