【専門家による研究】銀河系に36のエイリアン文明が存在!?

いつの時代も人々の知的好奇心を刺激してやまない「地球外生命体」の存在。

その存在は未だに“未確認”だが、現在もさまざまな研究・調査がなされているようだ。

先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には36の知的文明社会が存在するというのだ。

地球外生命体の数の予測は、1961年に天文学者フランク・ドレイクが発表した「ドレイクの方程式」が今までの主流であった。このたび発表された論文では、同方程式を利用しつつ、過去20年間のデータを用いて修正することで新たな予測をおこなったという。

ただし、楽観的に見積もった場合でも、地球にもっとも近い知的文明とは1030光年の距離があるらしい。つまり、電磁波を使ったやりとりでは、片道に1030年かかることになり、タイムラグなくコミュニケーションを取ることは極めて難しいようだ。

また、論文では「ドレイクの方程式」でも問題となったように、果たして文明社会はいつまで存続できるのかということが大変重要な要素であると結論づけられている。

結論、地球外生命体と接触するためには、まずは人間の文明を長続きさせる必要があるということなのだ。

Top image: © iStock.com/alex-mit
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
2016年に制定された「エイリアン・デー」(4月26日)に、1986年公開の映画『エイリアン2』と「リーボック」がコラボしたシューズのスペシャルモデル「U...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
ニッチなテーマがたくさんあるなかで、ひときわマニアックな体験をできそうなクルーズが出港するようです。ホーランド・アメリカ・ライン社が手がける、「UFO C...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...