アメリカ人の半数が異星人の存在を信じ、「地球に来ている」と語る。

「宇宙人っていると思う?」こんな質問を日本で切り出したら、どれくらいの人がマジメに見解を語ってくれるのでしょうか。

個人的には、UMA系の話は大好きだし、『やりすぎ都市伝説』の放映日は、欠かさずテレビの前にスタンバイしちゃうタチだから、面白い話が始まりそうだなと思いながら、「いると思う!」って答えてしまうけれど。

普段の会話の中で異星人の話を真剣に切り出したら、「ちょっと不思議な人なのかな」と捉えられてしまう可能性は高い。でもアメリカ人は、“普通に信じている人”がこんなにも多いのだと発覚しました。

アメリカ人の約50%が、
「宇宙人はいる」と答える。

『20th Century Fox Home Entertainment』は、新作映画のプロモーションとして、1,700人を対象に、異星人を信じているか調査しました。

その結果、約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどが、「彼らは定期的に地球を監視するために訪れている」と、思っていることもわかりました。

おもしろいことに、この調査自体も「宇宙人が人間の理解度を把握するために行った可能性がある」と、全体の67%の人が感じていたんだとか。OpenMinds.tv』のインタビュー記事のなかで、調査スタッフらがグラフとともに詳しい説明をしています。気になる人はどうぞ。

日本人からすれば、「ピュアか!」なんて笑いながらツッコミたくなる場面でしょうけど…。

米国政府と宇宙人は、
とっくの昔に繋がっている?

そういえば、ヒラリー・クリントンは、自分が大統領になった時には「UFOの政府極秘ファイルを調査し、機密扱いを解除して、国民に公開する」、なんて公約をしていましたっけ。

歴代大統領候補者たちが、足を踏み入れなかったある意味“禁断の領域”。私みたいにキニナル有権者たちの票が、彼女に流れていたとしても不思議じゃありませんよね。惜しくも、その中身が公開されることはなかったけれど、前々から噂されていた「アメリカ政府と宇宙人との繋がり」は、この発言によって認められたようにも思えます。

ヒラリーは過去にも、「すでに宇宙人が地球にやって来ていたとしても驚くべき話ではない」と、なんらかのコンタクト、ないしは存在の確認をほのめかすような発言もしています。

おまけに、アメリカの歴代大統領の就任式では「何かが起きる」と言われているとかで、オバマ元大統領の就任式に続き、トランプ大統領の式典でもUFOが確認されたと動画や画像が出回り、拡散されたりも。

もはや「政府と宇宙人は関係を持っている」というのは、周知のレベル。アメリカでは常日頃から、その先の考察トークが繰り広げられているのでしょう。

こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
科学が発達した現代においても、あたかも解明できない超常現象のように語られる「宇宙人存在説」。いないと、よほど困る理由でもあるの?このモヤモヤに挑む「Spi...
ニッチなテーマがたくさんあるなかで、ひときわマニアックな体験をできそうなクルーズが出港するようです。ホーランド・アメリカ・ライン社が手がける、「UFO C...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
アメリカの研究によれば、白昼夢を見る人は、高い知性と創造性を兼ね備えている可能性があるそうです。具体例を用いながら、この研究結果を解説します。
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt Thrower』です。
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。