7億年前まで辿れる「バーチャル地球儀」がおもしろい!

数百人に及ぶ考古学者たちのデータをもとにして作られたインターネット上で最大の恐竜データベース「The Dinosaur Database」

各時代における恐竜たちの分布生態画像などがまとめられた素晴らしいウェブサイトなのだが、同サイトに搭載している古代の地球シミュレーター「Ancient Earth Globe」がとてもおもしろい!

この地球儀は、プレート理論における大陸移動説にもとづき、現代から7億5千万年前までの地球の形を再現。都市名を入力すると赤いピンを立てることができ、時代を変化させると、その都市がその時代にあったとされる場所にピンが移動していくのだ。

一見、グーグルアースを彷彿させるこのシミュレーターだが、それもそのはず。なんと、このシミュレーターを作成したイアン・ウェブスター氏はもともとGoogleのエンジニアとして働いていたという。

現在は英語のみの対応となっているが、左下にはその時代の説明が添えられており、大陸の変動と共に生物がどのように変化していくのかを見るのはとても勉強になる。

気になる街がどう移動してきたのか、生物がどのように進化してきたのか、好きな恐竜の分布など、こちらからサイトへ飛んで好きなように遊んでみてはどうだろう。

Top image: © iStock.com/AlexSava
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事