風が吹くたびに、1600年前のイギリスにタイムスリップできるアート。

何年も前に聞いていた音楽を久しぶりに耳にすると、ふと当時の思い出が蘇ってきたりします。視覚や嗅覚と同様、聴覚にも記憶と結びつく不思議な力があるのかもしれません。

さて、イギリスのとある街に出現した「CAVALRY 360°」は、そんな力を利用したインスタレーションです。

目を閉じて耳をすませば
そこには駆け回る馬の姿

Beb54b6d32394a95de2c6b3c1a8c44edac0f67f0D09ae310b9ca659b73ab4ee3795275e037dd1de2

この円形の作品は、馬が歩くときに発する音を奏でます。仕組みは、先の丸い部分が風をとらえて風車のように回るたびに蹄の音を出す、というもの。

製作者Mark Nixonは、訪れた人にぜひインスタレーションの中に入って欲しいと言います。目を閉じれば、馬が駆け回る様子が思い浮かぶから。

82fb57b5e56d94514aa2c22b00854167fba3778a00d2ee64865526774bbf29c5cbf40f344735e1ea

Markがこの作品を手がけた理由には、リアルな歴史を感じてもらいたいという想いがありました。

このインスタレーションが設置された「Chesters Roman Fort」は、1600年前に建てられた古代遺跡。かつて、ここでは多くの人が暮らしていたようです。生活水準は高く、戦士たちが休める浴槽があったというほど。そんな彼らの足となっていたのが、500頭以上の馬。

3d45bc57193daaf8a646090068107b3afb93995853dec7a006350577ab97c5c47d095b2dfa0bd46316ebaf1d9af8e5d5831c0c3008303b25297b09ad

今は静かでも、当時は人と馬の活気であふれた場所だったはず。しかし、文字だけで歴史を伝えるのは難しい、と彼は考えたそう。そこで思いついたアイデアが、蹄の音を奏でることで当時の情景を蘇らせることでした。

Markは言います。

「Cavalry 360°は、観光客に新たな形で歴史を見せることができます。ちょっと変わった方法をお楽しみください」

Licensed material used with permission by NEON
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
イギリス領バージン諸島沖に、今年の春に沈められた船がある。真珠湾攻撃をくぐり抜けた歴史あるもので、アート作品が取り付けられているのだ。新たなダイビングスポ...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティが向かった30年後の未来。それが2015年だったって知ってました?タイ...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
イギリス在住のEmma Massingaleさんは、馬のトレーナー。AlbertとErnieという二頭のシェットランドポニーと一緒に暮らしています。イギリ...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、ファンタジー映画に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観...
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...