宇治市のファミコン風「観光PR動画」が本気でゲームに!

あの、伝説の自治体PR動画がゲームになる。

2017年、ゲーム風のPR動画『宇治市〜宇治抹茶と源氏物語のまち〜』で話題をさらった、京都府宇治市。あれから2年強、市は実際の観光名所や名産品を盛り込んだ、完全オリジナルゲームをスマホ用アプリとして制作することを発表した。公開は2020年春以降になる予定。

ファミコン世代がグッとくる、ドット絵の2D横スクロールのアクションゲームという点はそのままに、スマホネイティブのため、コントローラーは「湯呑み」や「茶団子」をタップするなど、ディテールも宇治市仕様にこだわっている。

おもしろいのは、ゲーム開発のための資金を「ふるさと納税」を活用したクラウドファンディングで募るという方法。リターン(返礼)には、ゲームのエンドロールに名前を入れられたり、オリジナルキャラとしてゲーム内に登場もできるらしい。

支援期間は1月30日まで。詳細はこちらから。

©宇治市
©宇治市
©宇治市
Top image: © 宇治市
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
廃棄になる「宇治茶葉」を、茶葉の元の姿「植物」として目と香りで楽しむものに生まれ変わらせたフラワーボックス「茶和花」が1月より販売をスタートした。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...