創業150年を超える京都の老舗より、自宅で手軽に楽しむ「抹茶ビールの素」発売

慶應3年(1867年)の創業以来、150年以上にわたって最高級の碾茶(てんちゃ)の産地である京都府城陽市で宇治茶の製造・販売をおこなってきた「碧翆園」が、2月27日から「抹茶ビールの素」を販売スタート。

宇治茶の新しい可能性を追求する同社のブランド「UJICHA STYLES」が生み出したのは、濃縮抹茶をジョッキに移してビールを注ぐだけのノンアル割り材

近年、人気となっている抹茶とビールを合わせたドリンク“抹茶ビール”だが、いざ作ろうとすると、粉末の抹茶を溶かすのに手間がかかったり、ビールを注ぐと泡が出過ぎてしまうといった問題があった。

そこで碧翆園は、溶かす手間がなく、泡立ちすぎることもない液体の製品を開発。「本物の宇治抹茶の風味をもっと感じてもらいたい」という想いを込めた「抹茶ビールの素」からは、本来、液体では再現が難しい抹茶本来の旨味と覆い香がしっかりと感じられるという。

さわやかな若草色の一杯を楽しむなら、初春のこの時期に、ぜひ。

©碧翆園
©碧翆園
©碧翆園

『UJICHA STYLES 抹茶ビールの素』
【発売日】2月27日(木)
【価格】1600円(税抜き)
※オンラインショップからのご購入は各商品送料別途必要

Top image: © 碧翆園
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
おうち時間のお供にぴったりの食べ物や飲み物、(仕方のない)外出時に便利な非接触棒などを、応援の意味も込めて「日本の老舗」からピックアップ!
旅行者であった自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、フランス人2人による『Material...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
「株式会社サン・クロレラ」は創業50年を迎えるにあたり、クロレラの貴重な成分が入った緑湯を提供する昨年大好評だった特別イベント「サン・クロレラの湯」をパワ...
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
2017年、ゲーム風のPR動画が耳目を集めた京都府宇治市。あれから2年、『宇治市〜宇治抹茶と源氏物語のまち〜』がスマホゲームになって帰ってくる!
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
日本人2人が開発を手掛けた抹茶メーカー「Cuzen Matcha」。挽く前の茶葉「碾茶(てんちゃ)」をこのマシンに入れると、石臼のように細かく自動で挽かれ...
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
ナイジェリアに住むティーンエイジャー3人で構成された「Ikorodu Bois」というコメディプロジェクト。ミュージックビデオや映画のトレーラーをさまざま...
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
米老舗ビールメーカー「パブストブルーリボン」がホリデーシーズン向けに仕掛けた99本入り超ロングサイズのビールケースが話題。
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...