抹茶の美味しさを世界へ。フランス人が挑んだ「最高の抹茶」づくり

日本の抹茶に出会ったとき、コーヒーギークだった2人のフランス人は、その美味しさに衝撃を受けたと言う。彼らの名前は、エティエンヌとモルガン。

©2018 Material Matcha Uji 宇治

大きなIT企業に勤めていた彼らは、職を捨て、数年前から京都の宇治へ移住。最高品質の宇治抹茶を独自の配合でブレンドし、海外へ売り出すという挑戦を始めた。

自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、『Material Matcha Uji 宇治』のプロジェクトが始まった。

つくるなら、最高に美味しくて
持ち歩きたくなる抹茶を

©2018 Material Matcha Uji 宇治
©2018 Material Matcha Uji 宇治

彼らがこだわったのは、最高品質の抹茶を届けることと、日常に置いておきたくなるデザイン。茶葉は、一番最初の収穫で摘み取った(必ず手で摘み取っている)、最も新鮮なものだけを使用して、好みに合わせて3種類のブレンドをつくった。

長年抹茶づくりを続けてきた茶農家さんを訪ねて、伝統技術や茶葉の種類について猛勉強。彼らからも認められる抹茶が出来るまで何度も試行錯誤を重ねて、ようやく完成に至ったそう。

一方で、デザインは日本の伝統にこだわらず、セラミック缶で今までになかった全く新しいものを。外国の人たちにとって、単純に“抹茶を飲むことがイケている”と感じられることにフォーカスをした。

©2018 Material Matcha Uji 宇治

Kickstarterで資金調達を始めたら、あっという間に話題のプロジェクトとなり目標額を達成。支援してくれたほとんどが、海外ユーザーだったそう。WEBサイトの言語も、SNSでの投稿もすべて英語表記にして、順調に『Material Matcha Uji 宇治』のファンを増やしている。

世界中どこからでも購入可能で、送料は無料。もし気に入らなかったら返品もOK。もっと詳しい情報と、購入ページはこちらから。

Top image: © Material Matcha Uji 宇治

関連する記事

日本が誇る文化「抹茶」を新たな方法で世界に広めようとしている「World Matcha Inc.」は、自宅で気軽に抹茶を楽しめるガジェット「Cuzen M...
フランスのグラスフェッド牛から採取されたミルクを使用して作る「Rainbow Farms(レインボーファームズ)」のギーバターに、濃厚抹茶が香る「抹茶・ギ...
慶應3年(1867年)の創業以来、150年以上にわたって最高級碾茶の産地である京都府城陽市で宇治茶の製造・販売をおこなってきた「碧翆園」が、2月27日から...
コーヒーの代わりとして、今、アメリカで注目を集めているものがある。それはなんと、あの日本伝統の飲み物“抹茶”なのだとか。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
日本人2人が開発を手掛けた抹茶メーカー「Cuzen Matcha」。挽く前の茶葉「碾茶(てんちゃ)」をこのマシンに入れると、石臼のように細かく自動で挽かれ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...