抹茶の美味しさを世界へ。フランス人が挑んだ「最高の抹茶」づくり

日本の抹茶に出会ったとき、コーヒーギークだった2人のフランス人は、その美味しさに衝撃を受けたと言う。彼らの名前は、エティエンヌとモルガン。

©2018 Material Matcha Uji 宇治

大きなIT企業に勤めていた彼らは、職を捨て、数年前から京都の宇治へ移住。最高品質の宇治抹茶を独自の配合でブレンドし、海外へ売り出すという挑戦を始めた。

自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、『Material Matcha Uji 宇治』のプロジェクトが始まった。

つくるなら、最高に美味しくて
持ち歩きたくなる抹茶を

©2018 Material Matcha Uji 宇治
©2018 Material Matcha Uji 宇治

彼らがこだわったのは、最高品質の抹茶を届けることと、日常に置いておきたくなるデザイン。茶葉は、一番最初の収穫で摘み取った(必ず手で摘み取っている)、最も新鮮なものだけを使用して、好みに合わせて3種類のブレンドをつくった。

長年抹茶づくりを続けてきた茶農家さんを訪ねて、伝統技術や茶葉の種類について猛勉強。彼らからも認められる抹茶が出来るまで何度も試行錯誤を重ねて、ようやく完成に至ったそう。

一方で、デザインは日本の伝統にこだわらず、セラミック缶で今までになかった全く新しいものを。外国の人たちにとって、単純に“抹茶を飲むことがイケている”と感じられることにフォーカスをした。

©2018 Material Matcha Uji 宇治

Kickstarterで資金調達を始めたら、あっという間に話題のプロジェクトとなり目標額を達成。支援してくれたほとんどが、海外ユーザーだったそう。WEBサイトの言語も、SNSでの投稿もすべて英語表記にして、順調に『Material Matcha Uji 宇治』のファンを増やしている。

世界中どこからでも購入可能で、送料は無料。もし気に入らなかったら返品もOK。もっと詳しい情報と、購入ページはこちらから。

Top image: © Material Matcha Uji 宇治
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
セックスワーカーの身を守るためにーー。賛否両論がありながらも2013年にチューリッヒに設置された売春ドライブインが成果を出しているそうです。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
誰かが向き合ってコミュニケーションを取らなければ、社内全体の雰囲気が悪くなってしまいます。オハイオ州立大学の行動科学史教授であるGleb Tsipursk...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
7月25日、あのハリウッドスターなどの名前が刻まれている星形プレートが粉々になっていたそう。
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
米・シアトル発の「KuKuRuZa Popcorn(ククルザ ポップコーン)」は、独創的なフレーバーが魅力のグルメなポップコーン専門店。2013年9月に日...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
あなたは、普段何気なく口にしている食品や飲料の原材料について、気にかけていますか?メーカーは製造コストを下げるために、低価格の原材料を使わざるを得ないとい...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
かたちを見ただけで、名前も味の記憶も出てくるお菓子って、そう多くはない。ところが、写真のお菓子が老舗洋菓子店ヨックモック(YOKU MOKU)の看板商品、...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
抹茶、紫芋、かぼちゃなど味は全部で6種類代官山で6色のカラフルなラテが楽しめるカフェink. by CANVAS TOKYO〒150-0034 東京都渋谷...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...