海外の「抹茶ファン」は、想像のナナメ上を行く

海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバーたちは、日本人のように「ケーキを選ぶなら、抹茶かな」といったレベルを遥かに越えているようです。

そんな海外の「抹茶好き」の、少し変わったたしなみ方を紹介したいと思います。

余った抹茶は「スパ」へ?

賞味期限切れなどで余った抹茶の処分にお困りなら、まずスパを試してみるのはいかがでしょう。

【抹茶スパのレシピ】

1:大さじ3の抹茶に同量の水を加え、ペースト状にします。

2:1.のペーストをバスタブでよく溶けるまで混ぜましょう。

3:さらにエプソムソルトとペパーミントのエッセンシャルオイルを加え、よく混ぜたら出来上がり。

エプソムソルトが発汗、代謝を促し、抹茶の抗酸化作用がお肌のアンチエイジングに効果があるんだとか。お茶の香りにペパーミントの爽やかさが加わって、気分をリフレッシュしてくれるそうです。

体験した人によると、ペパーミントオイルの入れすぎには注意が必要。入れすぎたりよく混ぜなかったりすると、ペパーミントオイルが直接肌につき、皮膚がヒリヒリしてしまうそうです。

バスタブは、使ったあとすぐに洗うこと。抹茶は茶葉の粉末なので、浴槽にこびりついてしまうと大変です。

飲むんじゃなくて
「顔パック」で美肌効果

抹茶は、抗酸化作用のあるビタミンEや美白の効果が期待できるビタミンCが豊富。抹茶シェイクみたいに甘くてクリーミーな「抹茶パック」のレシピがこちら。

【抹茶パックレシピ】

1:小さじ2程度のギリシャヨーグルトに、抹茶を小さじ1加えて練ります。

2:1.に、はちみつ、ココナッツオイルをそれぞれ小さじ1/2ずつ加えて、さらに練ります。あればアロエも加えるといいでしょう。

ポイントは、ギリシャヨーグルトを使うことです。普通のヨーグルトだと緩すぎて、肌の上に上手くのってくれません。

実際に試した人によると、あまり長時間パックをしているとヨーグルトが固まり、なかなか洗い流せないそうなので、ほどほどに。

レシピには
抹茶パスタやティラミスも

今年9月に出版されたハードカバー『Matcha: The Cookbook』には抹茶チーノ、抹茶ティラミスなどのスイーツレシピや、料理レシピが50種類以上載っているそう。

なかには、抹茶パスタや抹茶入りホーランドソースなど、ちょっと珍しいものも。

抹茶のスイーツは日本人にも馴染みがありますが、抹茶パスタと聞くと、名古屋の名物喫茶「マウンテン」の「甘口抹茶小倉スパ」を思い出すのは、私だけではないはず。

どうやら茶葉の栄養を丸ごと取れるということで、健康や美容を気にする人が積極的に取り入れているようです。また、新たな「抹茶」の魅力を発見できるかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by bon appetit
For the images: Photo © Patrycia Lukas
旅行者であった自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、フランス人2人による『Material...
日本人2人が開発を手掛けた抹茶メーカー「Cuzen Matcha」。挽く前の茶葉「碾茶(てんちゃ)」をこのマシンに入れると、石臼のように細かく自動で挽かれ...
日本が誇る文化「抹茶」を新たな方法で世界に広めようとしている「World Matcha Inc.」は、自宅で気軽に抹茶を楽しめるガジェット「Cuzen M...
フランスのグラスフェッド牛から採取されたミルクを使用して作る「Rainbow Farms(レインボーファームズ)」のギーバターに、濃厚抹茶が香る「抹茶・ギ...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶...
慶應3年(1867年)の創業以来、150年以上にわたって最高級碾茶の産地である京都府城陽市で宇治茶の製造・販売をおこなってきた「碧翆園」が、2月27日から...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
おうち時間のお供にぴったりの食べ物や飲み物、(仕方のない)外出時に便利な非接触棒などを、応援の意味も込めて「日本の老舗」からピックアップ!
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。