ふんわり泡立ち!本格抹茶をいつでも楽しめるシェーカー

「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶」です。

3つのステップで超簡単

使い方は簡単。茶こしで抹茶パウダーを入れ

冷水を注いで

リズムよく10回ほどシャカシャカ振る。

茶筅を使ってお茶を点てたかのような泡立ち!

泡立ちが大切な抹茶ですが、このシェーカー内部には細かい穴が開いているため、きめ細かい泡が立てられるのだとか。

普通のシェーカーで作ると細かい泡は立たたないそう。

80度以下のお湯で作ればホットに、牛乳で作ればラテの完成。砂糖やガムシロップを加えても美味しくいただけます。これならお茶の心得がない人でも簡単にトライできますよね。

裏千家の師範が開発

開発したのは、テアニン株式会社。京都の宇治抹茶ブランド「貴福園」の通信販売を手がけています。社長の貴森みきさんは宇治市の出身で、裏千家の準師範。敷居が高い、作法がむずかしいと思われがちな抹茶を、もっと気軽に飲んでもらおうと考えたのが開発のきっかけ。日本のみならず、海外でも紅茶やコーヒーと同じように抹茶を身近な存在にしたい、という思いがあるそう。

現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援者を募っており、5,000円からサポートが可能。高級宇治抹茶5種すべてが楽しめる12,000円のプランも。目標金額は100万円で、4月上旬現在、約54万円を達成しています。

試してみたい方は、こちらからチェックしてみて!
Licensed material used with permission by Makuake
旅行者であった自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、フランス人2人による『Material...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
三軒茶屋の古民家の並びにひっそり佇む 築50年の旧診療所をリノベした「ブルーボトルコーヒー」Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェ〒154-...
米・シアトル発の「KuKuRuZa Popcorn(ククルザ ポップコーン)」は、独創的なフレーバーが魅力のグルメなポップコーン専門店。2013年9月に日...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
2018年度決算では通期売上高281億円、営業利益136億円──。今もっとも勢いのある企業のひとつである「株式会社アカツキ」のCEO塩田元規氏にインタビュー。
あなたは、普段何気なく口にしている食品や飲料の原材料について、気にかけていますか?メーカーは製造コストを下げるために、低価格の原材料を使わざるを得ないとい...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
抹茶、紫芋、かぼちゃなど味は全部で6種類代官山で6色のカラフルなラテが楽しめるカフェink. by CANVAS TOKYO〒150-0034 東京都渋谷...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
山梨県の「金長特殊製紙株式会社」が開発した「糸落水(いとらくすい)ガラス障子シート」のご紹介。