【調査結果】約1億年前の微生物が復活......!

先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が、深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』を通して発表した。

約1億年前というと、地上にはまだ恐竜がいた白亜紀と呼ばれる時代に該当する。海底下にはプランクトンの死骸やチリなどが堆積する地層が存在し、そこでは微生物ですらも動き回ることができないため、当時の状態が保存された状態になっているらしい。

今回の実験では、その地層から430万年前1300万年前9540万年前1億150万年前の試料を取り出し、餌となる物質と酸素を与えて培養を開始。

その結果、微生物は平均で77%が生きており、とくに1億150万年前の微生物は99%以上が生きていると判断された。

主任研究員である諸野祐樹氏は、微生物はエネルギー消費量をほぼゼロに抑え、堆積物中に存在する微量の酸素により生き延びたと説明。

しかし、このような過酷な環境で約1億年を生き延びたというメカニズムに関しては謎に包まれており、今後はその具体的な仕組みを解明していくという。

じつに1億年という途方もない期間を過ごした生物たち。恐竜たちと共に生きた生物が復活したとは、なんともロマン溢れる調査結果である。

Top image: © iStock.com/Dr_Microbe
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
8月初旬、Xboxを開発したゲームデザイナーでもある物理学者Seamus Blackley氏がツイートしたパン作りの様子が話題に。そのパンに使われている酵...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
最近、環境情報誌「Environment International」に掲載された研究で、バイオプラスチックには有害物質が含まれている可能性があると明らか...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
アメリカ国防総省の高等技術計画局「DARPA」が、火星の環境を地球に近づける方法についてコメントを行った。同局の生物学研究室、アリシア・ジャクソン次長が発...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...