カエルの細胞から誕生した生体ロボット「xenobots」が進化!

「バーモント大学」の研究者らが、カエルの胚から切り取った幹細胞を使用して作成した数mmサイズの生体ロボット「xenobots」

完全な生命体でもなく、ロボットでもない、プログラムで制御ができる“生体ロボット”を世界で初めて生み出したとして、注目を集めていた同研究が、このたび「タフツ大学」の協力を得て、より進化した“バージョン2”を発表したようだ。

今までも自発的に動いたり、切断しても元通りに継ぎ合わせて動き続ける能力を持っていた「xenobots」だが、バージョン2ではさらなる高寿命化に成功。

さらに、周囲の情報を記録することもできるようになったという。

専門的な話になると非常に説明が難しいが、研究者らは将来的に「xenobots」が、病気を検知し、特定の部位まで薬を届ける働きができるのではないかと考えている。

「プログラム可能な生命体」という、なんともSFなこの研究。

何はともあれ、いつかは人類に欠かせない存在になってくる予感が満載の研究内容といえるだろう。

© Tufts University/YouTube
Top image: © Douglas Blackiston and Sam Kriegman
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
8月中旬、インド南部の都市バンガロールに「Robot Restaurants(ロボット レストランツ)」がオープンした。チェンナイとコインバトールでも展開...
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
大手食品会社「Mars(マース)」がチョコボール「Maltesers(モルティーザーズ)」のおいしさを最大限に引き出すために持ちかけた、ケーキ対決「Bak...
最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
体型や姿勢に合わせてパーソナルマッサージを施すロボット「IYU PRO」。人間のような滑らかな動きで、日頃働くなかで感じる身体の違和感を緩和してくれるはず。
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「R2」と呼ばれる自動運転ロボットを活用した「ドミノ・ピザ」の新たなデリバリーサービスが、米・テキサス州ヒューストンで試験的に運用開始。
注目を集めるAIロボット「ソフィア」が、今度は話題のNFTアートのシーンでもその名をとどろかせた。なんと「ソフィア」が制作したデジタルアートがオークション...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
“ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる”存在を目指して開発している自律型会話ロボット「Romi」が、4月21日に発売。一番の特徴は、定型文では...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
台湾プロ野球で話題となっているのが、楽天が所有する「楽天モンキーズ」のスタンドに現れた「ロボット応援団」。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
米「ソーク研究所」のホアン・カルロス・イズピスア・ベルモンテ教授率いるアメリカと中国の合同チームが、ヒトの細胞を含んだサルの胚を作成したことを発表した。
仕事先から子どもと会話したり、離れて暮らす高齢の親をそっと見守ったりできるファミリーロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」を紹介。
2021年1月に配送予定の「Petoi Bittle」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて6000万円以上の資金調達に成功した小型ロ...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
ラジコンカー......と思いきや、家のなかを自動で動き回っているのは、小さなパトロールロボットの「MOOREBOT SCOUT」。