【研究結果】手に「3本目の動脈」を持つ人が急増中

パソコンやスマホの登場によって、現代人はかつてないほどに指を動かしているというが、どうやら実際に手の構造にも変化が現れているようなのだ。

オーストラリアにある「フリンダース大学」「アデレード大学」の共同研究チームが発表した論文によると、胎児のときに形成され、妊娠8週目に退化して消失するはずの“正中動脈”を、19世紀以降から成人になっても保持している人が増加しているという。

具体的には、1880年代半ばに生まれた人は約10%が保持していたというが、20世紀後半に生まれた人のうち約30%にその血管が残っているのだとか。

かなり短期間で変化がみられていることから、フリンダース大学の解剖学者テガン・ルーカス氏は「この傾向が続くと、大多数の人が2100年までに前腕に正中動脈を持っているでしょう」と語っている。

実際に正中動脈が保持され続けることは、手への血液供給量が増える一方で、手指のしびれ痛みを引き起こす「手根管症候群」のリスクも上がる可能性があるとのことだ。

実際には僅かな変化であるが、こうした進化の積み重ねによって、未来の人類は想像もつかない姿になっていると考えると、非常に重要な進化の過程といえるかもしれない。

Top image: © Improvisor/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
肥満な体型は、体に不健康なのは知られている。では、十分な運動をする肥満な人と、運動をしない標準体型の人は、どっちがより健康的?
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
フィンランドにある「ユヴァス​​キュラ大学」のスポーツ健康科学部が興味深い研究結果を発表した。なんと、30年前と比べて高齢者が大幅に若返っているという。1...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
多岐にわたる研究機関を持つイギリスの名門「ウォーリック大学」が、驚きの研究結果を発表。その内容は、1歳半までの赤ちゃんであれば、泣かせたままにしておいても...
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
先日、「ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン」の眼科研究所のチームが加齢による視力の衰えに対して、ある行為が有効であるとの研究を発表。その内容は「1日3分...
「シカゴ大学」「ペンシルベニア大学」「オーフス大学」の研究者らが発表した論文によると、終末を描いた映画作品を好む人は、コロナ禍の状況にも高い“耐性”をもっ...
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
正月太りを解消してくれそうなヒントが、カナダの複数の大学研究員による共同研究に隠されていた。
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...