【研究結果】手に「3本目の動脈」を持つ人が急増中

パソコンやスマホの登場によって、現代人はかつてないほどに指を動かしているというが、どうやら実際に手の構造にも変化が現れているようなのだ。

オーストラリアにある「フリンダース大学」「アデレード大学」の共同研究チームが発表した論文によると、胎児のときに形成され、妊娠8週目に退化して消失するはずの“正中動脈”を、19世紀以降から成人になっても保持している人が増加しているという。

具体的には、1880年代半ばに生まれた人は約10%が保持していたというが、20世紀後半に生まれた人のうち約30%にその血管が残っているのだとか。

かなり短期間で変化がみられていることから、フリンダース大学の解剖学者テガン・ルーカス氏は「この傾向が続くと、大多数の人が2100年までに前腕に正中動脈を持っているでしょう」と語っている。

実際に正中動脈が保持され続けることは、手への血液供給量が増える一方で、手指のしびれ痛みを引き起こす「手根管症候群」のリスクも上がる可能性があるとのことだ。

実際には僅かな変化であるが、こうした進化の積み重ねによって、未来の人類は想像もつかない姿になっていると考えると、非常に重要な進化の過程といえるかもしれない。

Top image: © Improvisor/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...