長寿の秘訣は「唐辛子」にあり?「米国心臓協会」による研究結果

“医食同源”という言葉を耳にしたことがあるだろうか。これは「食事は医療の根本である」ことを示す四字熟語である。

日々の食事が健康と密接に関わっていることは誰もが知っていることだが、意外なある食べ物「長生き」と関係しているかもしれないという研究結果が発表された。

その意外な食べ物とは──「唐辛子」

アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は、唐辛子を定期的に摂取することで、心血管疾患と癌死亡率の全体的なリスクが減少したとする研究結果を発表した。

今回の研究では、唐辛子を定期的に食べる人は、ほとんど、または一度も唐辛子を食べない人よりも、心血管疾患で死亡する相対的なリスクが26%低く、また、がん死亡のリスクも23%低下したことを明かした。さらに驚くことに、病気の種類によらず、一般的な死亡リスクも25%減少することがわかったという。

ただ注意すべきなのは、ほとんど、または一度も唐辛子を食べない人のグループの死亡リスクがもう一方のグループより高かっただけで、唐辛子の定期的な摂取と長寿の直接的な因果関係はまだ明らかになっていない、ということだ。

米国心臓協会は、今回の研究結果を裏付けるべく、さらなる研究を続けていくとしている。

長生きを求めて唐辛子に飛びつくのはまだ早いかもしれないが、今後の研究結果に期待するばかりだ。それまでは「医食同源」を意識して、日々きちんとバランスのとれた食事をするのがいいかもしれない。

Top image: © iStock.com/ktsimage
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
11月17日、自動車ブランド「MINI」がコンセプトカー「MINI Vision Urbanaut」を発表した。広々とした空間を備えていて、早く乗ってみた...
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。