あなたの「パーソナリティ」が確立することはない【研究結果】

「小さい頃から人見知りだから」「昔からそんな性格で......」

そんなふうに、自分のパーソナリティを決めつけてない?

「ハーバード大学」の心理学教授ダニエル・ギルバートの研究によると、人は10年という時間でさえ、同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が10年で少ししか変わらないと決めつけているのだとか。

この結果から「人間は常に変わり続けているのに、確立したと勘違いしてしまう生き物だ」とギルバートはいう。

その勘違いによって起きることとして、まず一つが他人を“過去でジャッジしてしまう”ということ。

たとえば、就職の際の面接などで、面接官は受験者の過去の経験などからその人がどんな人であるか予測する。たしかに、過去の話は重要なデータの一部ではあるが、「今」のその人を知る方法として適しているかといえば、それは疑問だ。

もう一つは“自分自身の成長をためらってしまう”こと。

「自分は変わりづらい人だ」と思うことによって、ほぼ確実に本当に変われなくなくなる、もしくは少ししか変われなくなってしまうという。

性格を決めつけてしまう一因に、ネットなどにある性格診断も注意が必要であるとか。

「自分はこういう人間だ」と決めつけず、常に変われるし変わりたいと思い続けるのが成長の秘訣といえるのかも。

Top image: © iStock.com/Olha Khorimarko
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
スフィンクスなどの組み立て説明書を模したこの広告は、今年の3月までに、エジプト北西部・ギザ県にIKEA新店舗をオープンすることを記念して作られたもの。ギザ...
シャンゼリゼが新たな魅力溢れる通りに生まれ変わろうとしている!
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。