「フィクション」を読むと「言語スキル」が磨かれる【研究結果】

知識や言語能力を向上させるような“有益な読書”と聞くと、自伝やビジネス書などの“ノンフィクション作品”を思い浮かべる人が多いはず。

しかし、特定の情報へのアクセスを目指すノンフィクション読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang氏らの研究で明らかになった。

研究チームは「余暇読書予測(Predictors of Leisure Reading)」という尺度を用いて、「ヨーク大学」の学部生200人の読書行動(興味、障害、態度、動機)を調査。

また、併せて「大学進学適性試験(Scholastic Aptitude Test)」で言語能力を測ったところ、読書に楽しさを感じる学生では、現時点での高得点のみならず、言語能力の向上が予測されたという。

分析の結果、フィクションで得られる「読書の楽しさ、前向きな態度、深い興味」の3要素が、脳内の認知を司る複数箇所を刺激することで、よりよい言語能力の習得に役立つことがわかった。

従来の研究でも、フィクションは共感力批判的思考の育成に効果的であることについては報告されていたが、それが強化される結果に。

また、Martin-Chang氏は「何度も何度も読みたいと思うことや、シリーズ全体を読みたくなること、登場人物や作家とのつながりを感じることは、すべていいことです」と述べている。

この提言のように、好きなものを好きなように読むことこそが、読書の真の楽しさや意義を実感でき、その結果、自身の能力の向上にもつながるといえるようだ。

研究の全文はコチラ

Top image: © R_Tee/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
公開25周年を記念したカプセルコレクション。映画のアイコニックなシーンやセリフ、プロップなどがデザインされたTシャツやパーカーなどが展開されている。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
ゲーム大国である日本でのオリンピック開催に伴って、史上初の“eスポーツのオリンピック”がいよいよ開幕!
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
「シカゴ大学」「ペンシルベニア大学」「オーフス大学」の研究者らが発表した論文によると、終末を描いた映画作品を好む人は、コロナ禍の状況にも高い“耐性”をもっ...
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
字幕をつけることを推進する団体「Turn On The Subtitles」が発表した研究によると、字幕をつけることによって読解能力と言語理解能力を向上さ...
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
子どものときにやっておかないと難しいとされていた、外国語の聞き分け。研究によると、脳に電気刺激を流すことで13%も聞き分け能力が向上したとのこと。
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
「東京大学大学院総合文化研究科」と「日本能率協会マネジメントセンター」、「NTTデータ経営研究所」による共同研究によって明かされたのは、書き留める"メディ...
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
60歳以上の普段昼寝をする1534人、しない680人の計2214人を対象に認知症のテストを受けてもらった。すると、昼寝をするグループはある3つの能力におい...