結局、どの言語を学ぶのがいちばん良い?(研究結果)

世界には、知られているだけで7,099もの言語があると言われています。この中からどれを学ぶかは大事な決断。感覚で選ぶよりも、ちゃんと事実から検証した方がいいことかもしれません。

こう記すのはオーストラリアのサザンクイーンズランド大学で准教授をしているWarren Midgleyさん。彼の研究によると、どの言語を外国語として学ぶべきかについては、いくつかの考え方があるんだそう。オーストラリアの生徒を想定したこの研究では、英語は外して考えられているから、日本人からしたら「第二外国語」を考える際の参考にできそうだ。

会話?ビジネス?旅行?
目的ごとのトップ3

外国語を学ぶとなれば、やっぱり話す人が多い言語を選びたい。こう思うのは当然のことかもしれない。その場合、英語を除いてダントツで話されているのは8億9千800万人で中国語(北京語)。2位が4億3千7百万人のスペイン語、3位が2億9千5百万人のアラビア語だという。

一方、ビジネスに言語を使いたいなら、今勢いのある新興国の言語を習得するのが◎。

2000年代初頭に勢いのあった4大投資国はブラジル、ロシア、インド、中国だったけど、最近の報告ではインド、インドネシア、マレーシアがトップ3としてあげられている。ということで、ビジネス目的なら現時点ではヒンディー語、インドネシア語、マレーシア語を学ぶのが良さそうなんだとか。

また、旅行に行くときにちょっと喋れるようにしておきたいという人におすすめなのは、話されている国の多い言語。このリストでは英語は106ヵ国でしっかりトップにある。それに続くのが57ヵ国のアラビア語、53ヵ国のフランス語、31ヵ国のスペイン語だ。個人的にはアラビア語がここまで強いことに驚く。日本ではあんまり学ばれていないようだけど…。

学校で学びたい言語
1位は日本語

ちなみに、現在オーストラリアの学校で一番広く教えられているのは、なんと日本語なんだとか。今までのランキングに1度も登場していないのに、なぜ?と思いきや、オーストラリアの二ヵ国間貿易相手国として有力なのだそう。

他には中国、アメリカ、韓国が二ヵ国間貿易で強い国。なのだけど、実際にオーストラリアで教えられているのは日本語の次がフランス語、その次がドイツ語で中国語は4位。韓国語はトップ10にすら入っていない。先ほどのランキングと照らしてもズレが目立つけど、この原因は実は先生にあるそうで。

先生がいない!
各国の工夫に注目

そう、学ぶべき言語はいろいろあるのだけど、問題なのはそれを教える先生を育てるのに何年もかかること。特にビジネスに役立つ言語を教えたい場合は、貿易相手や勢いのある国が数年のうちに変わってくることだって考えられる。言語教育のニーズに素早く対応するためにいろいろ考えなきゃいけないのはどこの国でも同じことだ。

これに対応するため、オーストラリアで行われているプロジェクトのひとつが、高齢者チューターなどの登用。特に移住してきた人々に言語教育に携わってもらうことで、新しい地での生きがいを得られるようにという試みも兼ねているんだとか。

一方、アメリカではデジタル技術を使って学生同士をペアにし、お互い流暢に話せる言語を教え合う、というプロジェクトも行われているそう。このようなデジタル技術を用いた取り組みの結果はまだしっかりとは調査されていないそうだけど、効果が証明されればいろんな国で広まる日も近いかも。

Licensed material used with permission by Warren Midgley
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
複数の言語を扱うことによるメリットが、「I Heart Intelligence」に掲載されているのでご紹介。正直、パッと思いつくことといえば、外国人との...
子どものときにやっておかないと難しいとされていた、外国語の聞き分け。研究によると、脳に電気刺激を流すことで13%も聞き分け能力が向上したとのこと。
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
二つの言語を自在に操るバイリンガル。せめて英語くらいは…と努力を重ねる人も多いはず。このバイリンガルになることで、なんと認知症を防いだり、高収入を得られた...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
はげる夢の意味とは?夢占いの専門家が、人物、はげ方、心理別に「はげる夢」を紐解いていきます。
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...