子どもをダメにしているのは、あなたの「間違った褒め方」だ。

我が子、教え子、親戚の子。どれにせよ、例えばテストで100点満点を取って来たとする。その子は解答用紙を誇らしげに広げ、星の散るようにきらきらした目で、「見て見て!満点とったよ!」と嬉しそうに笑う。

——さて、あなたは何と声をかけるだろう?

A:「うん、よくやった!」

B:「すごい!かしこいね!」

どっちを言っても喜びそうではあるけれど…。

「かしこいね」と
言われた子どもはズルをする

3038edf3b2aaead5b028c02c89a4e5f3e88d7665

出だしからネタばらしをしてしまおう。これがカリフォルニア大学をはじめとする複数の大学が合同で組んだチームの研究結果

実験は300人の子供を対象としたものだった。3歳児と5歳児が150人ずつ集められ、ナンバーカードを用いた推測ゲームをさせられた。

ある子どもは「頭いいね」と褒められ、ある子どもは「頑張ったね」と褒められた。褒め言葉なしのグループも作った。子どもを褒めて、ズルしないことを誓わせたあと、研究者はゲームの途中で部屋を1分ほど空ける。

その間監視カメラで子どもの行動を監視したところ、ズルをした子どもが多かったのは頭の良さで褒められたグループだった。しかも驚くべきことに、全く褒められなかったグループよりも、頭の良さを褒められた子のグループの方がズルする子が多かったという。

似たような研究結果はいくつか既に出ているけれど、3歳という幼さでもこの影響が出るというのは今回初めてわかったことだそう。じゃあ一体なぜ「頭いいね」と言っちゃいけないんだろう?

「結果を出さなきゃ」
という強迫観念

5242e3a487588868cb6371fc596d4bca47335a6b

彼らのズルは、プレッシャーによるものだ。

と研究者。

頭がいい」ことを褒められた子どもは「頭が良くない」結果が出ることを恐れる。頑張るか頑張らないかは自分の問題なので調整できるけど、失敗はしてしまうもの。でもそれが怖い。期待に応えなければと思うのだ。たとえチートしてでも…。

実際、私も子どもに勉強を教えてお金を稼いでた時期があったけど、「かしこいね」というと子どもは次に「評価された能力」以下の結果を出すことを怖がってくるようだった。一回うまくいったら、次失敗して「見損なった」「思い違いだった」と思われたくないのは小さい子どもでも同じなんだろう。

6aae9fe629bb836add5a372c24ac0ca8c206e56a

能力を褒められた子は、諦めるのが早くなるだけではなく、道徳心が低下して、嘘やズルに手を染めるようになってしまう。親や先生もよく使う言葉であるぶん、注意が必要だ。

確かに子どもの時は「優秀だね」と繰り返し言われると、嬉しくもあった一方で、「貼られた値札以上の結果を出さなきゃ、意味がない」と、それが一種の、100か0かの強迫観念のように感じられた記憶もある。たとえ途中から失敗していても「よく考えたね」とか「ここまではよく頑張ったね」と承認されるだけで救われるものなのだろう。

よくよく考えてみれば、大人だってそうじゃないか。「君はなんでもできるね」というと、一見褒めているようで、「なんでもできる」ことが評価のスタートラインになりかねない。そこまでに至る努力は、華麗に無視されたままで。

子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
タイムマシンがあって、子どもの頃の自分にアドバイスができるとしたら、あなたはどんなことを伝えたいですか?恋愛や人間関係のアドバイス、大人になったからこそ気...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...