中国の研究者が、「パンダ語」の解読に成功!

絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解読することで、彼らに迫る絶滅の危機を防ぐことができるかもしれないと、研究者らは大真面目です。

「メ〜」と鳴いたら…
“パンダ語”ついに解明

00024852264_Medium

The Telegraph」の記事によれば、中国四川省の「ジャイアントパンダ保護研究センター」で、およそ5年に及ぶジャイアントパンダの研究結果に、一つの答えが出たそうです。鳴き声に特化したこの研究で判明したのは、13種類の“パンダ語”だとか。
たとえば、雄が羊のように「メ〜」と甲高い鳴く。これは、求愛の意思があるサイン。いっぽう雌は、この求愛を受け取る意思がある場合、同じような鳴き声を発するんだそう。

研究者らは、まずパンダの一挙一動すべてを録音していきました。食事の最中も、育児中も、さらにはケンカの最中でも。こうして収集した声紋から分析が始まったようです。

000024981954_Medium

「研究当初は、鳥や犬、猫、羊などの鳴き声を拾い集めて調査しているように思えて、正直に言うと、みな混乱していました」

こう語るのは、研究を指揮したセンター長Zhang Hemin氏。実は、パンダの鳴き声は非常に複雑で、解明のためには録音された声紋を周波数スペクトルを分析して、さらに彼らの行動と照らし合わせて解明していく作業だったようです。
こうして、解明された“パンダ語”ワールドを、BBCがさらに詳しく紹介しています。子パンダが発する「ジー・ジー」という鳴き声。これが意味するところは(お腹が空いた)。さらには、「ワウ・ワウ(悲しい)」「クー・クー(いいね)」など。
こうしたコミュニケーションのほとんどは、母親から学ぶものだとZhang氏は主張します。曰く、大人になると単独行動が常の生き物。そのため、唯一のチャンスが幼少期なんだとか。

パンダ語翻訳が
絶滅を食い止めるカギ!?

Bamboo grove macro

「パンダたちの言語を少しでも理解できれば、絶滅の危機にある彼らを保護することに、必ず役立てると信じているんです」

Zhang 氏の熱意が、このコメントからも伝わってくるはずです。今後は、音声認識技術を用いた「翻訳システム」の構築を実現していきたいとする氏のコメントを新華社が伝えています。
現在、野生のジャイアントパンダが棲息するのは、中国国内のみと考えられ、その数およそ1,800頭とも言われています。彼らの鳴き声からコミュニケーションを把握することが、野生パンダたちの繁殖の一助となる。研究者たちの鳴き声解析が、絶滅から免れる希望を担っているのかもしれませんね。

Reference:The Telegraph , BBC , 新華社

 

今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
動物園から逃げ出した一頭のパンダが隠れている。パンダなのに、“隠れ身の術”を使うんだ。さあ、目を凝らして捜しだそう。あっちが忍術なら、こっちは忍耐で対抗だ...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
最高にゴリゴリのブラックメタルな人たちーー。でも、このイラストの中には、なんとパンダが紛れ込んでいるのです!制限時間は5秒。さあ、あなたは見つけられる!?...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッ...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...